自己破産後にクレジットカードを早く契約するために知っておくべき方法







自己破産をするとクレジットカードが使えなくなることはご存知の方も多いでしょう。一方で、一度でも自己破産をすると二度とクレジットカードが作れなくなる。という話もありますが、そちらは誤りの情報になります。

自己破産をしても、一定期間を経過すればクレジットカードの契約は可能になります。その期間は最大10年です。

10年も間、クレジットカードのない生活を送る。というのは現代社会においても非常に不便に感じることだと思いますので、今回は自己破産後に少しでも早くクレジットカードを作る方法をお伝えしたいと思います。

自己破産をするとクレジットカードの契約が出来ない理由

自己破産をすると個人信用情報機関にあなたの事故情報が登録されることになります。

これを一般的にはブラックリストに載る。という表現をしますが、まさにこの個人信用情報を参照したクレジットカード会社があなたの事故情報を参照し審査を落とすためクレジットカードが契約出来なくなるのです。

個人信用情報機関とは?

日本には3つの個人信用情報機関が存在しております。そして、この3つの個人信用情報は自己破産の事故記録を5年〜10年間登録しその期間を経過すると事故情報は削除されることになっております。

3つの個人信用情報機関と自己破産の事故情報登録期間は以下の通りです。

個人信用情報機関名自己破産の登録機関
JICC(日本信用情報機構)5年間
CIC(指定信用情報機関)5年間
KSC(全国銀行個人信用情報センター )10年間

現在利用中のクレジットカードも利用出来なくなる

また、自己破産をすると現在お持ちのクレジットカードも突然使えなくなります。

これは、クレジットカード会社が定期的に個人の信用情報をアップデートしており、自己破産をした事実がクレジットカード会社の耳に触れた瞬間に利用が出来なくなります。

自己破産後にクレジットカードが使えなくなるタイミングはカード会社によって変わりますが、基本的には更新時期には必ず使えなくなると理解しておきましょう。

自己破産後にクレジットカードを早く契約する方法

それでは、自己破産をしてクレジットカードが使えなくなった場合に、少しでも早くクレジットカードを契約するためにはどのような方法があるのか解説をしたいと思います。

方法1.KSCに加盟していないクレジットカード会社を探す

個人信用情報機関はそれぞれが独立した組織であり、自己破産の事故情報登録期間も異なります。その中でKSC(全国銀行個人信用情報センター )のみは、自己破産の登録期間が10年と非常に長いことが特徴です。

従って、KSCに加盟していないクレジットカード会社に申し込みを行えば、最長でも5年間でクレジットカードの申し込みが可能になると言えます。

KSCに加盟している有名なクレジットカード会社はアメリカンエキスプレスになりますので、こちらのカードは当面契約はできないでしょう。その他のカード会社の確認はKSCの登録企業の一覧から照会することをおすすめします。

方法2.自己破産時に保有していたカード会社に申し込みを行わない

個人信用情報機関とは別に、クレジットカード会社は独自のデータベースにて信用情報を管理しています。従って、自己破産などクレジットカード会社に損失を与える行為を行うと該当するカード会社のデータベースに登録されてしまいます。

そして、独自のデータベースについては、個人信用情報機関のように登録情報を削除する期限というものが定められておらず、基本的には永久に残り続けると言えます。

そのため、自己破産したクレジットカード会社は二度とその会社で新規契約をすることが出来ないと思った方が良いことから、5年を経過したとしても自己破産をしたカード会社には申し込みをしないようにしましょう。

方法3.審査が緩いクレジットカード会社に申し込みをする

①と②を最低限を満たしている前提で、審査の緩いクレジットカード会社に申し込みを行うことでより通過する確率は上がると言えます。

自己破産後のクレジットカード会社の選び方については「債務整理後にクレジットカードは作れる?審査の甘いカード会社はどこ?」にて解説をおこなっておりますが、やはり楽天カードがおすすめと言えます。

楽天カードは主婦の方やフリーターの方でも審査に通過したという話があるように、比較的審査が緩いと言われておりますので契約が出来る可能性が高いと言えます。

方法4.クレジットヒストリーを蓄積する

ただし、楽天カードであれば誰でも審査に通過する。という訳ではありません。

自己破産をしてから5年経過した場合は、個人信用情報機関から事故情報は削除されますが、これまでのクレジットヒストリーも全て削除されることになります。

クレジットヒストリーとは、携帯の分割払いやカードの利用履歴などあなたが借りたお金をしっかり返してきた人である。という実績を証明するものですが、それが削除されてしまうことからあなたが信頼できる人物なのか審査することが出来ないと言えます。

そのため、自己破産後にクレジットカードを作る前に携帯電話の分割支払いの契約を行うなどでクレジットヒストリーを作ることがおすすめと言えます。

自己破産後に携帯電話を契約する際のポイントは「自己破産をすると携帯の分割支払いはどうなる?解約になるのか解説」にて解説を行なっておりますのでご参照ください。

方法5.一度に多数のクレジットカード会社に申し込みしない

クレジットカードの審査に落ちてしまったからと言っても立て続けに複数社への申し込みは避けるべきと言えます。

個人信用情報機関には、クレジットカードの審査落ちの履歴も残りますので、様々な会社で審査落ちとなっていると「申し込みブラック」として扱われる可能性があります。

そのため、1社ずつの申し込みを行い、仮に審査に落ちてしまった場合は、6ヶ月ほど時間を空けてから別のカード会社に申し込みを行う方が良いでしょう。

ちなみにポイントサイトなどでポイントを稼ぐためにカードの申し込みを大量にすると途中から審査が通らなくなるようケースもあったりしますので、ポイントサイトでのお小遣い稼ぎもほどほどにしておきましょう。

方法6.安定した職業と収入が確保できる

そして、クレジットカードの契約で何より重要なのは職業と収入です。

審査の緩い会社であればフリーターでも契約ができるなどもありますが、やはりクレジットカード会社の立場で考えれば正社員で安定した収入がある人の方が信頼できるでしょう。

正社員で安定した収入があるにも関わらず、審査に落ちた場合は、勤続年数が短い可能性もありますのでもう少し長く働いてから再度申し込みをすることをおすすめします。

クレジットカードが契約できない場合はデビットカードを契約

①〜⑥までの方法を全て試したがそれでもクレジットカードの審査が通らない。そもそも5年間も待てない。という方は、クレジットカードの契約は諦めてデビットカードの利用も1つの手でしょう。

デビットカードは預金口座からそのまま引き落としされますので、現金を持たなくても決済はできる一方で所有している現金以上に使うこともありませんので、再び借金を抱え込むリスクも低いと言えます。

加えて、審査も基本はなく自己破産後でもすぐに作ることが出来ますので、お急ぎの方やどうしても審査に通過しない方はデビットカードの契約をおすすめします。

デビットカードの選び方

  • 年会費・入会金が無料
  • 海外でも利用できる(VISAだと海外でも利用できる国が多い)
  • 海外ATM利用手数料を比較する

まとめ

自己破産後にクレジットカードを早く契約するために知っておくべき方法について解説を行いました。今一度6つの方法を整理したいと思います。

自己破産後にクレジットカードを早く契約する方法

  1. KSCに加盟していないクレジットカード会社を探す
  2. 自己破産時に保有していたカード会社に申し込みを行わない
  3. 審査が緩いクレジットカード会社に申し込みをする
  4. クレジットヒストリーを蓄積する
  5. 一度に多数のクレジットカード会社に申し込みしない
  6. 安定した職業と収入が確保できる

自己破産を検討されている方で上記のような不安や疑問を抱えているなら一度、司法書士や弁護士に相談することをおすすめします。「自己破産は司法書士と弁護士にどちらに依頼すべき?業務の違いを解説」にて自己破産の実績が豊富な司法書士と弁護士事務所の費用を比較しておりますので参照頂ければと思います。

また、債務整理の種類には自己破産以外の方法もあります。借金を減額できれば返済が可能である場合もありますので、まずは以下よりいくら借金が減額できるのかシミュレーションを行なってみましょう。

債務整理で借金がいくら減額されるのか気になる方は
「借金減額シミュレーター」でいくら借金が減額されのか計算可能です。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。