失業保険が加入期間が足りずに受給できない場合の裏ワザを公開







勤めている会社を退職し失業保険を受給しようとハローワークに訪れたところ、窓口の担当者から「雇用保険の加入日数が不足しているので失業保険は受給できません」と言われてしまった。

上記は失業保険の受給資格の1つである「雇用保険の加入期間」が足りなかったケースになります。

では、「どれほど雇用保険に加入すれば失業保険を受け取ることができるのか?」また「数ヶ月だけ加入期間が足りなかった場合に失業保険を受け取る裏ワザ」をお伝えしたいと思います。

失業保険を受給するために必要な雇用保険の加入期間

まずは、失業保険を受給するために必要な雇用保険の加入期間からお伝えしたいと思います。

自己都合退職の場合の雇用保険加入期間

自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること
正当な理由がない場合離職前2年間に被保険者期間が通算し12ヶ月以上あること

※被保険者期間とは、雇用保険の加入期間の内、給与支払いの基礎となる日数が11日以上ある場合を1ヶ月として計算します。

自己都合退職の場合は、正当な理由がある(病気や妊娠など)「特定理由離職者」であれば雇用保険の加入期間が通算6ヶ月以上で失業保険の受給が可能です。

一方で、正当な理由がない場合は、雇用保険の加入期間が通算12ヶ月以上で失業保険の受給が可能となります。特定理由離職者に該当するか否かは「特定理由離職者と特定受給資格者の違いとは?該当するケースを紹介」をご参照ください。

会社都合退職の場合の雇用保険加入期間

自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること

※被保険者期間とは、雇用保険の加入期間の内、給与支払いの基礎となる日数が11日以上ある場合を1ヶ月として計算します。

次に会社都合で退職した場合は、特定受給資格者となりますので、雇用保険の加入期間が通算6ヶ月以上で失業保険の受給が可能になります。

失業保険を受給するためには、退職事由に応じた雇用保険の加入期間が必要になると覚えておきましょう。

加入日数が足りない場合に失業保険を受給する裏ワザ

雇用保険の加入期間があと1ヶ月だけ足りない…」などわずかに条件を満たしていない人も多いことだと思いますが、残念ながら雇用保険の加入期間が不足している場合は失業保険を受給することができません。

1ヶ月程度不足するだけならば減額支給でもしてくれれば良いのに…」と考えてしまいますが、国の制度である以上は例外を認めることはありません。

さて、上記のように雇用保険の加入期間が足りない場合に失業保険を受け取る裏ワザとして、「雇用保険の加入期間が不足する分だけアルバイトや派遣など追加で働く」ことで雇用保険の加入期間を満たす方法があります。

雇用保険の良い所は前職だけの加入期間ではなく「通算」することができるため、前々職で6ヶ月、前職で8ヶ月など雇用保険に加入している期間を合計することが可能です。

雇用保険に加入することが条件

注意点としては、アルバイトや派遣など働けば何でも良いのか?という点ですが、雇用保険に加入しなければ失業保険の受給資格を満たすことにはなりません。

従って、「雇用保険の加入期間を通算するために少しだけ働きたい」という場合も雇用保険に加入ができる仕事を行うようにしましょう。

失業保険を合算するための条件

失業保険を合算するためには以下の条件を満たしている必要があります。

雇用保険を合算するための条件

  • 前職の離職日翌日から1年以内に雇用保険に加入している
  • 失業手当や再就職手当を受給していない

前職の離職日翌日から1年以内に雇用保険に加入している

雇用保険を合算するためには、前の職場から次の職場に転職する際に雇用保険の未加入期間を1年以内にしなければなりません。

従って、1年を過ぎてしまうと雇用保険の加入期間がリセットされてしまいますので注意してください。

失業手当や再就職手当を受給していない

一度、失業手当や再就職手当を受給した場合は、計算の元になった雇用保険の加入期間はリセットされてしまいます。

従って、前々職で5年間雇用保険に加入し失業保険を受給。前職では11ヶ月しか雇用保険加入せずに退職した場合は失業保険の受給資格を満たしていないことになります。

まとめ

失業保険を受給するために必要な雇用保険の加入期間について解説を行いました。改めて雇用保険の加入期間を整理しておきたいと思います。

失業保険を受給するために必要な雇用保険の加入期間

  • 自己都合退職の場合
自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること
正当な理由がない場合離職前2年間に被保険者期間が通算し12ヶ月以上あること
  • 会社都合退職の場合
自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること

雇用保険の加入期間が足りない場合は、不足する分だけ雇用保険に加入できる派遣やアルバイトを行うことで受給資格を満たすことも可能になりますので上手く制度を活用して頂ければと思います。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。