遺族年金とは?いつまでいくら貰えるのか?受給金額と期間を解説







遺族年金とは、一家の大黒柱である被保険者が死亡した場合に、残された遺族の生活が困窮しないように支給される公的年金の1つです。突然、世帯主が亡くなった家庭は、今後の生活が目処が見えなくなり不安になることも多いでしょう。

そこをサポートしてくれるのが「遺族年金」です。頼もしい制度である一方で、遺族年金の制度は非常に複雑なため種類別に解説を行いたいと思います。

本体受け取りができる年金支給額の平均を知りたい場合は、「2018年最新|年金支給額の平均は国民年金5.5万円・厚生年金14.7万円」をご参照ください。

遺族年金とは?種類と受給条件

遺族年金とは、「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」、「遺族共済年金」の3種類で構成されています。

平成27年10月に「遺族共済年金」は「遺族厚生年金」に一元化されたため、現在は、「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」の2種類が存在しており、平成27年9月末までに亡くなった被保険者がいる家庭は引き続き「遺族共済年金」を受け取っている状況です。この3種類が遺族年金の基本となります。

この他、上記3種類を受給できない方に向けた遺族給付制度として「寡婦年金」や「死亡一時金」が支給されるケースや忘れがちな遺族年金でもある労災保険の「遺族補償年金」が支給されるなど複雑な制度がありますので順に解説を行いたいと思います。

遺族年金の種類と対象者の一覧

死亡者支給対象者遺族年金の種類
自営業18歳未満の子供がいる「妻」遺族基礎年金
子供がいない「妻」寡婦年金または死亡一時金
会社員・公務員18歳未満の子供がいる「妻」遺族基礎年金+遺族厚生年金
子供がいない「40歳未満の妻」遺族厚生年金
子供がいない「40歳から65歳の妻」遺族厚生年金+中高年齢寡婦を加算

遺族基礎年金とは?受給額と受給期間

遺族基礎年金とは、国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格を満たしている人が亡くなった時に支給されるもので、自営業の方も会社員の方も支給される遺族年金の1つです。

遺族基礎年金の原理原則は18歳未満の子供を支えることを目的としており、子供がいない世帯には支給されないという点に注意が必要です。それでは、いつまでいくら遺族基礎年金がもらえるのか受給条件を確認してみましょう。

国民年金が未納の方は注意!

国民年金が未納の場合、遺族基礎年金が受給できません。詳しくは、「年金(国民年金)未納は危険|延滞金・強制徴収などデメリットを解説」をご参照ください。

スポンサードリンク

遺族基礎年金の条件詳細
給付条件
  • 被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上であり、保険料納付期間が加入期間の2/3以上ある
  • 被保険者の死亡時点から前々月までの1年間の間で保険料の滞納がない
給付対象
  • 18歳未満の子どもがいる妻または夫
  • 18歳未満の子供※(1級・2級障害者なら20歳未満)
給付額

779,300円+子の加算によって給付額が決まる

  • 子供が1人の場合:1,003,600円(779,300円+224,300円)
  • 子供が2人の場合:1,227,900円(779,300円+224,300円×2人)
  • 子供が3人の場合:1,302,700円(779,300円+224,300円×2人+74,800円)
  • 子供が4人目以降の場合:年間1,302,700+4人以降の子ども1人につき74,800円
支給期間
  • 子どもが18歳になるまで(18歳の年度末である3月31日まで)

遺族厚生年金とは?受給額と受給期間

遺族厚生年金とは、厚生年金加入者が亡くなった場合に遺族に対し支給される公的年金ですが、こちらは18歳未満の子供がいない方でも支給対象となるのが最大の特徴です。

主に会社員の方が対象となる年金で、現在は遺族共済年金と一元化されていますので公務員の方も対象になっています。そのため、利用者が多い遺族年金とも言えるでしょう。

それでは、いつまでいくらの遺族厚生年金がもらえるのか受給条件を確認してみましょう。

遺族厚生年金の条件詳細
給付条件
  • 被保険者が死亡または傷病の初診から5年以内に亡くなった方で保険料納付期間が2/3以上ある場合
  • 老齢厚生年金の受給資格が25年以上ある方が亡くなった場合
  • 障害厚生年金(1級・2級)を受けられる方が死亡した場合
給付対象
  • 18歳未満の子、孫(障害等級1級、2級の方は20歳未満まで)
  • 55歳以上の夫、父母、祖父母(支給は60歳から)
給付額夫が本来受け取る予定だった厚生年金の3/4
支給期間
妻の場合:一生涯支給される
  • 夫の死亡時に妻の年齢が30歳未満で子供がいない場合は5年間の支給となる
  • 妻の年齢が40歳から65歳になるまでの期間は584,500円/年加算される(中高齢寡婦加算※1)
子供・孫の場合:18歳の年度末まで(障害等級1級または2級の場合は20歳まで)
 
夫・父母・祖父母の場合:60歳以降から一生涯
中高齢寡婦加算※1

遺族厚生年金は、妻の年齢が40歳から65歳までの間、年額584,500円を加算して支給されます。これを「中高齢寡婦加算」と呼びますので支給条件を記載をさせていただきます。

給付条件
  • 夫が亡くなったときに妻の年齢が40歳以上65歳未満であり生計を同じくする18歳未満の子供がいないこと
  • 遺族基礎年金や遺族厚生年金を受給する子供が18歳を超え受給資格が無くなった場合

スポンサードリンク

遺族共済年金とは?受給額と受給期間

遺族共済年金とは、公務員の方を対象にした遺族年金制度です。

先ほどお伝えした通り、現在は遺族厚生年金に一元化されていますので、新規での支給は行なっておりません。現在、遺族共済年金を受け取っている方は平成27年9月30日までに主たる収入を得ていた遺族の方が引き続き受給をしている状況です。

そのため、平成27年10月1日以降は遺族厚生年金と同じ扱いになりますので支給条件いついては遺族厚生年金の箇所をご確認ください。

遺族年金制度における遺族給付制度の種類と受給条件

遺族給付制度とは、保険料の支払いを行なっていたものの遺族年金の支給条件に満たないが故に遺族が年金の受け取りが出来ない場合の救済策として「寡婦年金」と「死亡一時金」の2種類が用意されています。

それぞれ、どちらかしか受け取ることが出来ないので受給条件を確認してみましょう。

寡婦年金(かふねんきん)とは?受給額と受給期間

寡婦年金とは、遺族基礎年金も遺族厚生年金も受給資格の無い方を救済する仕組みとなっています。

夫が自営業で国民年金のみの加入であり、18歳未満の子供がいない場合に支給される年金となっています。自営業を営みながらも国民年金もしっかりと納めていた夫の年金が掛け捨てにならないように配慮された制度となっています。

それでは、いつまでいくらの寡婦年金がもらえるのか受給条件を確認してみましょう。

寡婦年金の条件詳細
給付条件
  • 第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上であること
  • 婚姻関係が10年以上あり夫によって生計が維持されていること

※死亡した夫が、障害基礎年金の受給権者や老齢基礎年金を受けたことがある場合は対象外
※妻が老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けている場合は対象外

給付対象
給付額夫が本来受け取る予定だった老齢基礎年金の3/4
支給期間妻の年齢が60歳から65歳までの間

死亡一時金とは?受給額と受給期間

死亡一時金とは、寡婦年金とは異なり1回だけ支給される一時金になっており、25年間保険料を納め続けた一方で一度も受給することなく亡くなってしまった場合に活用できる制度です。

それでは、いくらの死亡一時金がもらえるのか受給条件を確認してみましょう。

死亡一時金の条件詳細
給付条件
  • 遺族が遺族基礎年金を受給できない場合
  • 第1号被保険者が36月以上の間保険料を納めていること
  • 被保険者によって生計が維持されていた方
  • 寡婦年金を受け取らない方
給付対象妻→子→父母→孫→祖父母→兄弟姉妹の順で優先順位が高い順で支給される
給付額
  • 36ヶ月以上180ヶ月未満:120,000円
  • 180ヶ月以上240ヶ月未満:145,000円
  • 240ヶ月以上300ヶ月未満:170,000円
  • 300ヶ月以上360ヶ月未満:220,000円
  • 360ヶ月以上420ヶ月未満:270,000円
  • 420ヶ月以上:320,000円

*付加保険料を36ヶ月以上納めていたときは、8,500円が加算されます。

支給期間1回のみ

労災保険の遺族補償年金とは?

遺族補償年金とは、労働者災害補償保険(労災)の遺族補償年金です。

勤務中の事故や不慮な出来事など仕事が原因で死に至った場合に受け取ることが可能になる制度です。

加えて、社会復帰などを促進させるため「遺族特別支給金」、「遺族特別年金」、「遺族特別一時金」のいずれかが支給される仕組みです。

遺族補償年金の受給額

遺族数遺族補償年金遺族特別支給金遺族特別年金
1人

給付基礎日額の153日分

遺族が55歳以上の妻又は一定の障害状態にある妻の場合は給付基礎日額の175日分

300万円

給付基礎日額の153日分

遺族が55歳以上の妻又は一定の障害状態にある妻の場合は算定基礎日額の175日分

2人給付基礎日額の201日分算定基礎日額の201日分
3人給付基礎日額の223日分算定基礎日額の223日分
4人以上給付基礎日額の245日分算定基礎日額の245日分

遺族特別支給金とは

遺族特別支給金とは、業務上や通勤時の災害により労働者が無くなった場合に、受給対象者に一律300万円支給されます。受給権者が2人以上あるときは、受給権者の人数で按分した金額が支給額となります。

遺族特別年金とは

遺族特別年金とは、遺族補償年金の受給権者に対して支給されます。遺族補償年金の受給権者が2人以上あるときは、受給権者の人数で按分した金額が支給額となります。

遺族特別一時金とは

遺族特別一時金とは、遺族補償一時金または遺族一時金の受給権者に対して支給されますが、労働者の死亡時点で遺族補償年金又は遺族年金の受給資格者がないときに算定基礎日額の1000日分を支給する制度です。

遺族年金の早見表

最後に遺族基礎年金と遺族厚生年金の早見表を作成しましたのでご確認いただければと思います。早見表は「遺族基礎年金のみ」、「遺族基礎年金と遺族厚生年金(世帯主が会社員)」、「遺族基礎年金と遺族厚生年金(世帯主が公務員)」の3種類の早見表を用意しております。

遺族基礎年金の早見表

遺族基礎年金は、妻のみの場合は支給対象外となりますので妻+子供1名からが支給の対象となります。

遺族基礎年金と遺族厚生年金の早見表(世帯主が会社員)

続いては、遺族基礎年金と遺族厚生年金の早見表になります。遺族厚生年金は妻も支給対象になります。

遺族基礎年金と遺族厚生年金の早見表(世帯主が公務員)

世帯主が公務員だった方は、旧遺族共済年金に沿って遺族年金が支給されます。加えて支給額一番高いのが注目すべき点でしょう。

遺族年金受給額のシミュレーションシート(ダウンロード可能)

それでは、自分はいくらの遺族年金が受給できるのか?気になることだと思います。そこで、エクセルで遺族年金の受給額を簡単にシミュレーションできるシートを作成しましたので、興味がある方はご活用ください。

遺族年金受給額シミュレーションシート

遺族年金の受給額シミュレーションでは「ねんきん定期便」をご用意頂き、年金加入期間や受給金額をお調べの上ご活用ください。また、50歳以上の方であれば年金ネットで年金受給見込み額を調べるとより正確な算出が可能になります。

簡易計算機も追加しましたので、まずはおおよその目安を知りたいという方はこちらをご活用ください。

スポンサードリンク

遺族年金支給額を
簡単シミュレーション

万円
カ月

あなたの遺族年金の支給額は

円です。

※免責:遺族年金の支給額結果は目安となりますので、結果を保証するものではありません

年金ネットの使い方は「年金ネットの使い方|登録・ログイン方法から見込額の試算までガイド」をご参照ください。

まとめ

遺族年金の種類および受給条件を解説しました。

主たる収入である世帯主が亡くなった場合に生計を維持させる非常に頼もしい制度ですが、制度自体が非常に複雑であるために理解することが大変です。

まずは、基本となる「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」の受給条件を把握するところからはじめてみましょう。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。