第1号被保険者とは?加入すべき年金とメリット・デメリットを解説







第1号被保険者とは、日本に在住する20歳以上60歳未満の自営業者・農業・漁業・学生・無職の人などが該当することになります。

端的に言えば、厚生年金加入者(第2号被保険者)と厚生年金加入者に扶養される者(第3号被保険者)以外は全員が第1号被保険者に該当することになります。

では、「第1号被保険者はどの年金に加入するのか?」「第1号被保険者にはどのようなメリットやデメリットがあるのか?」解説を行いたいと思います。

第1号被保険者とは

第1号被保険者とは、日本に在住する20歳以上60歳未満の自営業者・農業・漁業・学生・無職の人などが該当する。と冒頭でもお伝えさせて頂きましたが、これは日本人だけでなく外国人も適用されるのがポイントです。

第1号被保険者の加入要件

  • 日本国内に住所を有し20歳以上60歳未満である
  • 第2号被保険者及び第3号被保険者ではない
  • 老齢退職給付を受けられない

第2号被保険者は会社員や公務員の人が該当し、第3号被保険者は第2号被保険者に扶養される人が該当します。要は、会社員や公務員でもなく、その扶養家族でもなければ第1号被保険者になる。と覚えておけば良いでしょう。

そのため、フリーターやパートなどで労働している人でも、所定の労働時間を下回る場合は、第1号被保険者もしくは第3号被保険者になり、所定の労働時間を上回る場合は厚生年金に加入することになります。

第1号被保険者と第2号被保険者に切り替わる基準は「厚生年金保険にパートが加入する条件とは?メリット・デメリットを解説」にて解説をしておりますのでご参照ください。

第1号被保険者は国民年金に加入する

第1号被保険者が加入する年金は国民年金になります。

国民年金は20歳以上60歳未満の全ての人が加入する年金になりますので、第2号被保険者も第3号被保険者も国民年金には加入しているのです。

第2号被保険者と第3号被保険者も国民年金に加入している

第2号被保険者は厚生年金のみに加入していると勘違いをしやすいのですが、厚生年金は同時に国民年金にも加入している扱いになります。また、第3号被保険者は、保険料の納付は不要でありながら国民年金に加入していることになります。

国民年金保険料は、平成30年度で月額1万6340円となります。この保険料を10年以上納めることで、老後に「老齢基礎年金」が受給ができる。という訳です。

また、国民年金保険料を納める人が、病気や怪我で仕事が出来ない状態になった場合は「障害基礎年金」が受給でき、加入者が亡くなった場合は、残された遺族に「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれかが支給されます。

詳しくは以下の関連記事をご参照ください。

第1号被保険者の資格喪失要件

では、第1号被保険者の資格を喪失する要件とはどのような時なのか解説をしたいと思います。

第1号被保険者の資格喪失要件

  1. 就職した時(厚生年金に加入した時)
  2. 60歳を超えた時
  3. 海外に移住した時
  4. 死亡した時

上記の4点のいずれかに該当する場合は、国民年金の資格を喪失してしまいます。

資格を喪失する場合は、厚生年金への切り替え手続きや死亡手続きなどを行う必要がありますので、詳しくは「国民年金は脱退できる?就職・海外移住・死亡別に手続き方法を解説」をご参照ください。

第1号被保険者になるメリット・デメリット

ここでは、第1号被保険者になるメリットとデメリットをご紹介したいと思います。とは言え、仮にデメリットを強く感じたとしても国民年金保険料の納付から逃れることは出来ません。

どうしても、国民年金保険料を支払いたくない場合は、就職し「厚生年金に加入する」か「海外に移住する」しか道はありませんし、年金保険料を滞納し続けると、財産の差し押さえなど強制執行の対象にもなりますので注意が必要です。

詳しくは「2018年最新情報|年金(国民年金)未納は危険|延滞金・強制徴収などデメリットを解説」にて滞納時のデメリットをまとめておりますのでご参照ください。

第1号被保険者になるメリット

それでは、第1号被保険者に加入するメリットはどのような点にあるのか?お伝えしたいと思います。

第1号被保険者になるメリット

  • 老後に亡くなるまで老齢基礎年金を受給することができる
  • 障害基礎年金、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金が受給できる

第1号被保険者のメリットは、やはり老後に年金が受給できる点になります。加えて、万が一に備えて、障害基礎年金、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金が受給できる点も魅力でしょう。

第1号被保険者になるデメリット

一方で、国民年金滞納者が3割にものぼる状況にデメリットを感じている人も多いと言えます。

第1号被保険者になるデメリット

  • 厚生年金加入者に比べると受給できる年金額や保障が少ない
  • 国民年金保険料が高額である
  • 年金が将来まで減額されずに受給できるか不確実である

厚生年金加入者は、「老齢基礎年金」「障害基礎年金」「遺族基礎年金」に加えて、「老齢厚生年金」「障害厚生年金」「遺族厚生年金」も受給できるのです。加えて、厚生年金保険料は会社と折半して支払っているのに対して国民年金は全額自己負担となります。

もちろん、納付している保険料は厚生年金加入者の方が高いのですが、年金受給額や保障制度が大きく異なるため、厚生年金加入者と比較をしてしまうとデメリットが目立つのです。

ただ、国民年金を滞納する最も大きな理由は「将来年金が受給できるか分からない」という点でしょう。こればかりは予測するこが出来ませんし、厚生年金加入者も含めた年金制度のデメリットになります。

とは言え、滞納すれば強制徴収になってしまいますので逃げ道がないのも実態です。

まとめ

第1号被保険者の制度説明、加入する年金、メリット、デメリットについて解説を行いました。

第1号被保険者は国民年金に加入することになりますが、正直、厚生年金加入者に比べると受給できる金額も保障も少ないと言わざるを得ないでしょう。

とは言え、自営業者の人は、第1号被保険者として国民年金に加入するしかありませんので「国民年金加入者必見|確定申告で保険料を全額所得控除するため全知識」をご参照頂き、せめて国民年金保険料を節税の1つとして活用頂きたいと思います。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。