つみたてNISAとは?対象商品の申し込みはいつからできるのか解説







老後の資産形成に向けて2014年より導入されているNISAですが、毎年120万円までは非課税枠として上場株式や投資信託の運用ができる制度です。

NISAの非課税枠は2023年までの時限的な措置であり、2014年から始まったNISAの優遇期間も終わりを迎えようとしています。

そして、このNISAに変わって新型のNISAとして徐々に話題が高まってきているのが「つみたてNISA」です。従来のNISAよりも少額から投資が始められ、より長期の運用が可能になる「つみたてNISA」はどのような制度でいつから始まるのか?

今回のこの「つみたてNISA」の疑問について解説を行います。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月から始まる少額投資非課税制度になります。

従来のNISAと同じように毎年定められた非課税枠内で出た利益や分配金に関しては、税金が0円となるとってもお得な制度となります。

しかしながら従来のNISAは非課税枠が120万円だったことに対して、「つみたてNISA」は40万円と大幅に少なくなりました。その分、投資期間が最長で20年という点からより長期での資産形成を行いたい方に向いている制度と言えるでしょう。

さて、ここで「つみたてNISA」において知っておきたい5つのポイントをお伝えします。

つみたてNISAの開始は2018年1月だが口座開設は既に可能

つみたてNISAの投資商品の購入は2018年1月からとなっておりますが、つみたてNISA用の口座開設は2017年10月より開設が可能になっております。

つみたてNISAを取り扱う証券会社

証券会社(公式サイト)特徴
SBI証券つみたてNISA対象商品を数多く取り扱う
楽天証券楽天ポイントで対象品が購入できるオリジナリティ
マネックス証券「マネラップ」を活用すれば投資を任せることも可能
カブドットコム証券「kabu.study」という投資の基礎知識を学べる講座あり
松井証券低コストの商品を厳選して取り扱う

非課税期間は最長20年間

政府は国策として一人でも多くの方に資産運用をしてほしいと考えています。

これは給与以外の収入を確保してもらうことを目的にしており、現行のNISAも非課税期間が2014年から2023年と10年ほどありましたが、新型の「つみたてNISA」については2018年から2038年までと最長で20年間の非課税期間があるのです。

これによって、短期の資産運用だけではなく長期的に資産形成を行う方を増やしていく狙いがあります。

非課税投資枠は年間40万円まで

先ほどご紹介しましたが、つみたてNISAが非課税で運用できる年間の上限額は40万円までとなります。従来のNISAは120万円までが非課税だったので、逆に減ってしまったということです。

ただし、長期運用が可能になりますので、総額の非課税枠は現行のNISAが600万円に対してつみたてNISAは800万円までとなりますのでトータルで考えるとお得という側面があります。

買付は定期的に継続した(積立)した商品であること

つみたてNISAは長期の資産形成を目的とした制度になりますので、購入できる商品も投資信託とETFに限定されております。

従来のNISAは投資信託とETFに加えて、株やREITも購入することが出来ましたが「つみたてNISA」はそれが出来ませんので予め留意しておきましょう。

また、現行のNISAとつみたてNISAを併用することも出来ませんので注意して下さい。

対象商品は一定の条件を満たす投資信託等

現在も金融庁がつみたてNISAの対象商品として認めるか認めないかの審議をしておりますが、ここで金融庁が発表している「つみたてNISA」の対象商品の基準をお伝えします。

つみたてNISAの対象商品の基準

金融庁:導入直前! 「つみたてNISA」の制度説明より

つみたてNISAと現行NISAの違い

「つみたてNISA」と「現行NISA」の違いについてまとめておきたいと思います。またメリットとデメリットについてもお伝えします。

 比較項目つみたてNISA現行NISA
年間投資可能額40万円まで120万円まで
非課税期間2038年まで2023年まで
非課税運用ができる期間20年間5年間(ロールオーバーを利用して最大10年間)
投資対象商品投資信託・ETF(投資できる商品に条件あり)株・投資信託・ETF・REIT
利用年齢20歳以上~制限なし
開設できる口座数1人1口座までとなり複数の証券口座を開設することは出来ない証券会社ごと開設することができる
途中引き出し随時可能

つみたてNISAのメリット

  • 現行NISAと比較しても長期期間の運用が可能になることから将来に向けた資産形成が可能
  • 非課税投資枠は40万円と少ないが長期でみると最大800万まで拡大した(現行NISAは600万円)

つみたてNISAのデメリット

  • 年間に投資できる金額は120万円から40万円に減少したため1年単位で考えるとメリットが薄れる
  • 対象商品も長期投資向けなものに限定されているので初心者向けと言える

積立NISA対象のおすすめ商品

では、つみたてNISAの対象商品はどのようなものがあるのか確認をしたいと思います。

2017年10月現在ではインデックスファンド・アクティブファンドを合計した対象商品数が114本と徐々に増加している傾向にあります。最新の情報は随時金融庁の公式サイトに公開されておりますのでチェックしましょう。

さて、ここでSBI証券が取り扱う「つみたてNISAの対象商品」についてまとめてご紹介したいと思います。

投資名信託報酬
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド0.2700%
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド0.1728%
三菱UFJ国際-eMAXIS JPX日経400インデックス0.432%以内
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.216%以内
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド年0.27%
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス年率0.3672%以内
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド0.5400%
三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)0.54%以内
レオス-ひふみプラス500億円まで1.0584%
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド年率0.1944%以内
大和-iFree 日経225インデックス年率0.1836%
One-たわらノーロード 日経225年率0.2106%
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド0.2700%
三井住友TAM-SMT 日経225インデックス・オープン0.3996%
三菱UFJ国際-eMAXIS日経225インデックス0.432%以内
野村-野村インデックスファンド・日経2250.4320%
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド0.1728%
One-たわらノーロード TOPIX年率0.1944%
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド0.1944%以内
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式インデックス年率0.1836%以内
大和-iFree TOPIXインデックス年率0.1836%
三井住友TAM-SMT TOPIXインデックス・オープン0.3996%
三菱UFJ国際-eMAXIS TOPIXインデックス0.432%以内
野村-野村インデックスファンド・TOPIX0.4320%
ニッセイ-ニッセイTOPIXオープン0.5400%
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド0.2106%以内
大和-iFree JPX日経400インデックス年率0.2106%
三井住友TAM-SMT JPX日経インデックス400・オープン0.3996%
三菱UFJ国際-eMAXIS JPX日経400インデックス0.432%以内
野村-野村インデックスファンド・JPX日経4000.4320%
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.216%以内
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス年率0.2052%以内
大和-iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)年率0.2052%
大和-iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)年率0.2052%
One-たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>年率0.243%
One-たわらノーロード 先進国株式年率0.243%
三井住友TAM-SMT グローバル株式インデックス・オープン0.5400%
野村-野村インデックスファンド・外国株式0.5940%
野村-野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型0.5940%
三菱UFJ国際-eMAXIS先進国株式インデックス0.648%以内
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド年0.27%
SSGA-全世界株式インデックス・ファンド年率0.5184%
三菱UFJ国際-eMAXIS全世界株式インデックス0.648%以内
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス年率0.3672%以内
One-たわらノーロード 新興国株式年率0.5346%
三井住友-三井住友・DC新興国株式インデックスファンド年0.6048%
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス0.648%以内
三井住友TAM-SMT 新興国株式インデックス・オープン0.6480%
野村-野村インデックスファンド・新興国株式0.6480%
大和-iFree 新興国株式インデックス年率0.3672%
三井住友-三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)年0.2376%
三井住友トラスト-SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型)年率0.486%
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド0.5400%
三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)年率0.54%以内
三菱UFJ国際- eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー)年率0.54%以内
三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)年率0.54%以内
野村-野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型0.54%以内
野村-野村インデックスファンド・海外5資産バランス0.648%以内
三井住友-三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)年0.2592%
三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)年率0.54%以内
三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイストライカー)年率0.54%以内
三井住友トラスト-SMT 世界経済インデックス・オープン(株式シフト型)年率0.594%
三菱UFJ国際-eMAXISバランス(4資産均等型)0.54%以内
三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)0.54%以内
One-たわらノーロード バランス(8資産均等型)年率0.2376%以内
大和-iFree 8資産バランス年率0.2376%
三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)0.54%以内
三井住友トラスト-SMT 8資産インデックスバランス・オープン年率0.54%
日興-年金積立 Jグロース年率0.8856%
ニッセイ-ニッセイ日本株ファンド1.0800%
コモンズ-コモンズ30ファンド1.0584%以内
レオス-ひふみプラス500億円まで1.0584%
フィデリティ-フィデリティ・欧州株・ファンド1.6200%
フィデリティ-フィデリティ・米国優良株・ファンド1.6092%
損保J日本興亜-ハッピーエイジング30(ハッピーエイジング・ファンド)1.5660%
損保J日本興亜-ハッピーエイジング40(ハッピーエイジング・ファンド)1.3824%

つみたてNISAのまとめ

つみたてNISAについて解説を行いました。

長期的な資産運用を考えている方には、「つみたてNISA」はトータルの非課税枠が800万円分もありますので非常におすすめと言えるでしょう。

すでに2017年10月から口座い開設は始まっていますので、2018年1月の開始に向けて準備を進めても良いタイミングと言えます。

つみたてNISAを取り扱う証券会社

証券会社(公式サイト)特徴
SBI証券つみたてNISA対象商品を数多く取り扱う
楽天証券楽天ポイントで対象品が購入できるオリジナリティ
マネックス証券「マネラップ」を活用すれば投資を任せることも可能
カブドットコム証券「kabu.study」という投資の基礎知識を学べる講座あり
松井証券低コストの商品を厳選して取り扱う

老後に向けた資産形成は非常に重要となりますので、目先だけではなく将来に向けて「つみたてNISA」を検討するようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。