失業保険と年金は同時に受給できる?65歳まで退職し併給する方法を解説







失業保険と厚生年金は同時に受給することができるの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。

実際、平成10年4月までは失業保険(基本手当)と厚生年金を併給することが可能でしたが、現在は両方を併給することが出来なくなっております。従って、年金受給者が失業保険(基本手当)を受給してしまうと年金が支給停止となるのです。

ただし、65歳より少し前に退職することで失業保険(基本手当)と厚生年金を同時に受給する方法もあります。そこで今回は、失業保険と年金の関係性について解説を行いたいと思います。

失業保険(基本手当)と年金は同時に受給することができるのか?

まず、失業保険(基本手当)と厚生年金は同時に受給することは出来ません。

ちなみに失業保険(基本手当)を受け取るか厚生年金を受け取るかどちらかを選択できるという訳ではなく、失業保険の手続きをした時点で失業保険の受給期間中は年金の支給が停止される仕組みとなっています。

この理由に、「失業保険はこれから働こうとする失業者の生活を支援をするもの」であるのに対して「年金は老後の生活を支えるもの」であることから双方の目的が反していると言えます。

従って、平成10年3月まで支給されていたこと自体がおかしな話なのですが、それを禁止したのも年金財政が逼迫している背景があると言えるでしょう。

65歳以降に退職した場合は一時金は受け取れる

さて、失業保険(基本手当)と厚生年金は併給が出来ないとお伝えしましたが、65歳以降に退職する場合は、「高年齢求職者給付金」と呼ばれる失業保険の一種から一時金を受け取ることが可能になります。

この「高年齢求職者給付金」は、年金と併給することが可能になります。

ただし、「高年齢求職者給付金」の一時金は、基本手当日額の30日もしくは50日分しか受給ができませんので、65歳以前に失業保険(基本手当)を受給した場合に比べると受給額が少なくなってしまいます。

失業保険(基本手当)と高年齢求職者給付金の支給額を比較

雇用保険に20年以上加入している場合で「失業保険(基本手当)」と「高年齢求職者給付金」の支給額を比較してみたいと思います。

  • 失業保険(基本手当):基本手当日額の150日分(最高)
  • 高年齢求職者給付金:基本手当日額50日分の一時金

上記の通り、失業保険(基本手当)を受給した方がお得になることから悩ましいポイントと言えます。

失業保険(基本手当)と年金を併給する方法

上記の通り、「高年齢求職者給付金の一時金を受け取るだけでは納得ができない」という人も多いことでしょう。そのような方に「失業保険(基本手当)と厚生年金を併給する方法」をお伝えしたいと思います。

65歳の誕生日前々日までに退職する

失業保険が「基本手当」か「高年齢求職者給付金」になるかは退職日によって決まっているのです。

退職した日が65歳の前々日までであれば、失業保険の受給時タイミングに65歳を超えていても「基本手当」として受給が可能になります。逆に、退職日が65歳の前々日を超えている場合は「高年齢求職者給付金」になるという訳です。

そして、65歳以降に受給する年金については、基本手当との調整が発生しないことから基本手当と年金の併給が可能になります。要は、65歳の前々日までに会社を退職すれば失業保険(基本手当)と年金の併給が可能になります。

失業保険の手続きは65歳以降でも問題ない

65歳になる前々日までに無事に退職したが失業保険の手続きを行うときには65歳の誕生日を迎えている」というケースもよくあることでしょう。

先ほどお伝えしたように「失業保険(基本手当)」か「高年齢求職者給付金」になるかは、退職日によって決まっていますので、失業保険の手続きをするときに65歳の誕生日を迎えていることは問題になりません。

ただし、失業保険の手続きは2年間で時効になることからそれまでに手続きを行う必要があります。

65歳前に退職した際は退職金の支給額に注意

注意点としては、65歳の前々日までに退職をする際に、退職金と失業保険(基本手当)の支給額を天秤に掛ける必要があります。

65歳の定年退職を迎える前に退職してしてしまうと、退職金の支給額が減額される企業も多くありますので失業保険(基本手当)と年金の併給ばかりを考えてしまい、結果的に減額された退職金も含めると損をする。ということがないようにしましょう。

退職金が支給されない会社ではこのような問題も発生しないのでご自身の状況を正確に把握することをおすすめします。

まとめ

失業保険(基本手当)と年金を併給することができるのか?という点について解説を行いました。

現段階では、65歳の誕生日を迎える前々日までに退職することで失業保険(基本手当)と年金を併給することは可能になりますが、年金財政が逼迫している状況でいつ制度が変わるかは不透明と言えます。

情報が更新された際は、本記事でも動向をお伝えしたいと思いますので随時更新をしていきたいと思います。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。