失業保険の条件|派遣社員やパート・アルバイトも受給資格があるか解説







雇用保険に加入している人が会社を退職した場合、次の転職先が決まるまで一定期間の間「失業保険」を受け取ることが可能になります。

では、「失業保険は仕事をしている人であれば誰でも受け取ることができるのか?」「正社員だけでなく、派遣社員やパート・アルバイトで就労していた人も給付されるのか?」など気になるところが多数あります。

そこで今回は、失業保険の受給資格の条件について解説をしたいと思います。

失業保険の受給資格や条件とは?

雇用保険は、適用事業所で31日以上かつ週20時間以上雇用される従業員であれば、誰もが加入を義務付けされている制度になります。

この雇用保険の最大のメリットとも言えるのが退職後に「失業保険を受け取ることができる点」と言えます。ただし、退職事由(会社都合や自己都合)によっては雇用保険の加入期間に応じた条件が設けられております。

それでは早速、失業保険の受給資格や条件についてお伝えをしたいと思います。

自己都合で退職した場合の失業保険の受給資格や条件

自己都合で会社を退職した場合は、正当な理由があるか否かによって失業保険の受給資格や条件が異なります。

正当な理由がある場合とは、「配偶者の転勤により通勤が困難になった場合」、「家族の介護が必要になった場合」、「疾病により働くことが困難になった場合」などが挙げられます。一方、正当な理由がない場合とは「自発的な退職」によるものになります。

それでは、自己都合により退職した場合の失業保険の受給資格や条件を「正当な理由がある場合とない場合」でそれぞれお伝えしたいと思います。

自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること
正当な理由がない場合離職前2年間に被保険者期間が通算し12ヶ月以上あること

※被保険者期間とは、雇用保険の加入期間の内、給与支払いの基礎となる日数が11日以上ある場合を1ヶ月として計算します。

会社都合で退職した場合の失業保険の受給資格や条件

続いて、会社都合で退職した場合の失業保険の受給資格や条件をお伝えしたいと思いますが、会社都合の退職とは、「会社の倒産」や「退職勧奨」などが該当します。

自己都合による退職受給条件
正当な理由がある場合離職前1年間に被保険者期間が通算し6ヶ月以上あること

退職事由以外の失業保険の受給資格や条件

ここまで、雇用保険の退職事由における失業保険の受給資格や条件をお伝えさせて頂きましたが、その他の条件としては「再就職の意思があること」が必須となります。

そのため、更新予定のない雇用契約の場合」や「定年退職」などは失業保険が給付されることはありません。その他にも、妊娠により退職した場合は、すぐに就労することが出来ませんので失業保険は給付されません。

ただし、妊娠の場合は、最大4年間まで失業保険の給付できる期間を延長することが可能になりますので、必ず手続きを行なっておくようにしましょう。

失業保険が受給できるのはいつからいつまで?

失業保険の受給はいつからいつまでなのかもお伝えしたいと思いますが、詳しい解説は「失業保険の給付期間はいつからいつまで?自己都合と会社都合の違いを解説」にて行なっておりますので、ここでは期間のみをご紹介したいと思います。

失業保険が受給できるまでの期間

失業保険が受給できるまでの期間

  • 自己都合:待機期間7日が終了してから3ヶ月後に受給
  • 会社都合:待機期間7日が終了してすぐに受給

合わせて、いつまで失業保険の受給が続くのかについても解説します。受給が受けられるまでの期間は「自己都合の退職」と「会社都合の退職」によって分かれており、さらに雇用保険の加入期間と年齢によっても変動します。

自己都合で退職した場合の失業保険の受給期間

加入期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢90日間120日間150日間

会社都合で退職した場合の失業保険の受給期間

加入期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満90日間90日120日180日
30歳以上
35歳未満
120日180日210日240日
35歳以上
45歳未満
150日240日270日
45歳以上
60歳未満
180日240日270日330日
60歳以上
65歳未満
150日180日270日240日

派遣社員が失業保険を得るための受給資格や条件

さて、失業保険は雇用保険に加入している人が一定の条件を満たすことで受給が受けられることはご理解頂けたと思いますが、派遣社員の場合も同様に失業保険を受け取ることが出来るのか?気になるところです。

この点については、正社員同様、雇用保険に加入していることで派遣社員も失業保険を受け取ることが可能になります。

では、派遣社員が失業保険を受け取る場合にどのような条件があるのか「会社都合の退職」と「自己都合の退職」でそれぞれ解説をしたいと思います。

派遣社員が自己都合で退職した場合の失業保険の条件

派遣社員の自己都合退職に該当する場合は、「自ら契約更新を断った場合」になりますので、現在お勤めの派遣先が契約満了となり、次の派遣先を派遣会社が紹介した場合に断り退職するケースが該当します。

退職事由受給条件
自己都合による退職離職前2年間に被保険者期間が通算し12ヶ月以上あること
受給までの期間待期期間7日+給付制限期間3ヶ月(手続きなどを含めると4ヶ月程度)

派遣社員が会社都合で退職した場合の失業保険の条件

派遣社員の会社都合退職に該当する場合は、「派遣元が倒産する場合」だけではありません。以下に該当するケースも会社都合の退職となりますので覚えておきましょう。

派遣社員が会社都合の退職となる場合

  • 契約満了後、派遣会社を退職した場合
  • 契約更新を自ら断った場合
  • 契約更新を勤め先から断られた場合

上記のように、派遣社員の場合は多くの場合が「会社都合による退職」にすることが可能になります。ただし、次なる派遣先を紹介された場合に、正当な理由なく断った場合は「自己都合による退職」となる場合もありますので注意してください。

退職事由受給条件
会社都合による退職離職日以前の1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上あること
受給までの期間待機期間7日後(手続きなどを含めると1ヶ月程度)

パート・アルバイトが失業保険を得るための受給資格や条件

パートやアルバイトで勤務する人が退職する場合は失業保険を受け取ることが出来るのかも合わせてお伝えしたいと思います。

あまりご存じない方も多いようですが、パートやアルバイトで勤務する場合も、適用事業所で31日以上かつ週20時間以上雇用される従業員であれば雇用保険の加入義務が発生します。

従って、雇用保険に加入しているパートやアルバイト勤務の人は失業保険を受け取ることが可能になります。管理が煩雑な会社は、パートやアルバイト勤務の人が雇用保険に加入していない場合もありますので一度確認をしてみましょう。

失業保険の手続き

最後に失業保険の申請手続きをお伝えしたいと思いますが、簡単にお伝えすれば、必要書類と用意しハローワークに行けば手続きは簡単に済ませることが出来ますので心配する必要はないでしょう。

失業保険の申請手続き

  1. 離職票などの必要書類を用意する
  2. 求職申込みと受給申請手続きを行う
  3. 雇用保険受給説明会に参加する
  4. 給付制限期間を待機する
  5. 失業認定日から5日後程度に失業保険が振り込みされる

注意点は、「ハローワークに行った際に必要書類の不備がないようにすること」ですので、合わせて必要書類もお伝えさせて頂きます。

失業保険の手続きに必要な書類

  1. 書類雇用保険被保険者離職票(1)
  2. 雇用保険被保険者離職票(2)
  3. 印鑑
  4. 写真2枚(縦3cm×横2.5cm)
  5. 普通預金通帳
  6. マイナンバー確認証明書
  7. 本人確認証明書

まとめ

失業保険の受給資格や条件について解説を行いました。

失業保険は、雇用保険に加入し一定の条件を満たせば、正社員、派遣社員、パート、アルバイトでも受け取ることが可能になりますので忘れずに手続きを行いましょう。

また、失業保険はいくらもらえるの?と疑問に感じた方は「失業保険給付額の計算手順と2018年最新の早見表で簡単チェック」も合わせてご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。