失業保険は確定申告は不要?申告した方が良いケースについて解説







失業保険は働かなくてもお金が貰えることから求職者にとっては非常に助かる制度と言えます。

一方で、会社に勤めているときは当然のように年末調整などの処理を行なってくれていた訳ですが、「果たして失業保険は確定申告しなくても良いのか?」と疑問に感じる人も多いことでしょう。

結論をお伝えすれば、失業保険は課税対象とならないので確定申告は不要になります。ただし、人によっては失業保険を受給している場合に確定申告した方が良いケースもあります。

そこで今回は、失業保険の受給中に確定申告した方が良いケースとはどのような状況の人か解説をしたいと思います。

失業保険は課税対象にならないので確定申告は不要

冒頭でもお伝えしたように、失業保険は「非課税」となりますので、確定申告は原則不要になります。

そのため、住民税や所得税は課税されませんので税金が安くなると言えます。ただし、退職したタイミングによっては年を跨ぐ場合もあり、このような場合は前職での年末調整を行なっていない人もいるでしょう。

要は、年末調整をしていないということは確定申告をすることで還付が受けられる可能性がある。ということです。

失業保険の受給中でも確定申告した方が良いケース

それでは、失業保険の受給中に確定申告した方が良いケースについてお伝えしたいと思います。

失業保険の受給中に確定申告した方が良いケース

  • 年内に再就職することができなかった場合
  • 失業後に社会保険料の支払いを行なった場合
  • アルバイトなどで年間20万円以上の収入がある場合

年内に再就職することができなかった場合

年末調整とは、すでに納付済みの税金と実際に確定した税額を比較した際に、過払いとなっている部分を還付する手続きになります。

通常は、就業している企業が年末に手続きを行いますが、そのタイミングで退職している場合は、年末調整が出来ずに過払いの税金を受け取ることが出来ません。

このような場合に、確定申告をすることで払い過ぎた税金の還付が受けられるまでの忘れずに手続きを行いましょう。

失業後に社会保険料の支払いを行なった場合

失業すると基本的には収入が減少することになるでしょう。

この場合、確定申告を行い収入減少分をしっかりと申告することで、来年に支払う健康保険料や住民税が安くなることがあります。

確定申告は少々手間ではありますが、来年の支出を減らすことも可能になりますので、ぜひ申告を行うようにしましょう。

アルバイトなどで年間20万円以上の収入がある場合

失業保険の受給中でも、「週20時間未満の勤務」などの一定条件を満たしていればアルバイトで収入を得ることが可能になります。

その際、アルバイトの収入が年間20万円以上となる場合は、確定申告を行い源泉徴収から天引きされた税金の返還を期待することが可能になります。

失業保険の受給にアルバイトをする注意点については「失業保険の給付中にアルバイトをしても大丈夫?知っておくべき注意点を解説」をご参照ください。

年内に再就職した場合は転職先で年末調整が可能

失業保険を受給した後に、年を超えることなく年内に再就職が決まった場合は、転職先の会社で年末調整の手続きを行なってくれます。その際は、前職の源泉徴収票などの必要書類を準備し転職先に提出するようにしましょう。

ただし、失業中に国民年金や健康保険の支払いを行なった場合やアルバイトで年間20万円以上の収入があった場合なども含めて年末調整を行なってくれる訳ではありません。

従って、このような場合でも確定申告は行なった方が良いと言えるでしょう。

確定申告の手順

それでは、確定申告はどのような手順で進めて行くのかも合わせてお伝えしたいと思います。

手順1.必要書類を準備する

まずは、必要書類の準備を行います。主に必要となるものは以下通りです。

確定申告に必要な書類

  • 確定申告書(管轄する税務署またはネットで作成することも可能)
  • 前年1月〜12月までの源泉徴収票
  • 生命保険や健康保険などの控除証明書
  • 印鑑
  • 還付金の振込先口座が分かるもの

まずは、上記を一通り揃えるところがはじめの一歩となります。

手順2.確定申告書の作成を行う

確定申告書は、「用紙に記述し税務署に提出する方法」と「国税庁のホームページから確定申告書等作成コーナーにアクセスし作成する方法」の2つがあります。

国税庁のホームページで作成した確定申告書は、印刷し管轄する税務署に提出をすれば良いのですが、e-Taxを活用することで印刷や郵送をしなくてもネット上で確定申告を完了させることも可能になります。

どちらの方法でも問題はありませんが、ネットで済ませた方が時間的には短縮ができるでしょう。

手順3.納税・還付

確定申告書の提出が完了すると正式な税額が決定しますので、期日まで税金を納めるようにしましょう。納税はコンビニや銀行での支払いなども可能になりますので、ご自身が便利な方法を選択する良いと言えます。

また、還付を受ける場合は口座へ入金されますが、e-Taxを利用していれば3週間ほどで入金がされます。その他の方法で確定申告した場合は、1ヶ月〜1ヶ月半ほどで振り込みがされます。 

失業保険の受給額次第では扶養に入れない

失業保険は失業している状態だからこそ受給が可能になります。そして、冒頭でお伝えしたように失業保険は「非課税」となりますので所得扱いされないことから扶養にも無条件で入ることができるのでは?と考える人も多いでしょう。

残念ながら、失業保険で得た収入は扶養条件においては所得とみなされることから失業保険の金額次第では扶養に入ることは出来ません。

詳しくは「失業保険の給付中に扶養に入ることは可能?バレるとどうなるのか解説」にて解説をしておりますが、扶養に入る条件は、基本手当日額が3611円未満であることが条件となりますので、多くの人は扶養に入ることが出来ないと言えます。

まとめ

失業保険を受給している人は確定申告を行うべきか?について解説を行いました。

基本的には、失業保険は非課税になりますので確定申告を行う必要はありませんが、以下に該当する場合は確定申告を行う方が良いでしょう。

失業保険の受給中に確定申告した方が良いケース

  • 年内に再就職することができなかった場合
  • 失業後に社会保険料の支払いを行なった場合
  • アルバイトなどで年間20万円以上の収入がある場合

手間ではありますが、確定申告を行うことで税金の還付が受けられますので忘れずに申告をするようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。