失業保険の待機期間ってなに?注意点や知っておくべき知識を解説







会社を退職したのでハローワークへ行ったが失業保険がすぐに受け取れなかった…

失業保険は退職しハローワークに訪れればすぐに受給ができる。と考えている人は大きな勘違いをしていると言えます。実際は、失業保険の受給申請を行ってから「待機期間」と呼ばれる期間を過ぎないと失業保険の給付が受けられません。

では、この「待機期間」とはどのようなものなのか?失業保険の流れや待機期間中に注意すべきことを含め、知っておくべき知識を解説したいと思います。

失業保険の流れと待機期間

まずは、失業保険の手続き開始から実際の給付が行われるまでの流れにおいて、「いつ、待機期間が発生するのか?」という点をお伝えしたいと思います。

上記の表に記載があるように「求職申込みと受給申請手続き」と「雇用保険受給説明会」の間に「7日間の待機」と記載があると思います。

この期間が失業保険における「待機期間」となります。では、この待機期間とは、一体どのような目的で設定されているのか?待機期間について詳しく解説をしたいと思います。

失業保険の待機期間とは?

失業保険の待機期間とは、失業保険の申請手続き後に申請者が本当に失業している状態であるのかハローワークが調査する期間となります。

そして、この調査期間に必要な日数が7日間となっており、この期間を過ぎないと失業保険を受け取ることが出来ません。

従って、自己都合の場合は「待機期間+3ヶ月の給付制限期間」後に失業保険が給付され、会社都合の場合は「待機期間を過ぎてすぐに」失業保険が給付されることになります。

失業保険の待機期間中は収入を得てはならない

失業保険の待機期間中に注意してもらい点が「収入を得てはならない」ということです。

待機期間中に収入を得ると待機期間が伸びてしまうことから失業保険の給付が遅れてしまうこともありますし、就労時間によっては、就職扱いになり失業していないと判断される可能性もあります。

そのため、失業保険の待機期間中は仕事をしないようにしましょう。

ただし、待機期間を終えた後の給付制限期間(3ヶ月)に生活を維持する目的でアルバイトをすることは問題ありません。あくまで、待機期間のみアルバイトをしないようにすれば良い。ということです。

給付制限期間にアルバイトする場合は、週20時間以上労働しないようにしましょう。この基準を超えてしまうと就職しているとみなされることから、失業保険の給付が停止することになりますので注意が必要です。

詳しい解説は「失業保険の給付中にアルバイトをしても大丈夫?知っておくべき注意点を解説」をご参照ください。

待機期間中に就職した場合は再就職手当は受給できる?

失業保険の給付を受けている人が再就職した場合に、一定の条件を満たしていれば「再就職手当」を受給することが可能になります。

では、待機期間中にめでたく再就職が決まった場合は「再就職手当」は受給できるのか?と疑問に感じる方も多いでしょう。実際、再就職手当が貰えるかは「採用日(初出社日)が待機期間を過ぎていればその期間分の受給が可能」と言えます。

再就職手当を受け取るための条件

  • 待機期間終了後に就職(初出社)していること
  • 就職日の前日までに失業保険の認定を受けており、基本手当の支給日数が1/3以上残っていること
  • 退職した元々の会社に再就職していないこと
  • 給付制限が3ヶ月ある人は、最初の1ヶ月目はハローワークまたは職業紹介事業者の紹介であること
  • 1年以上の勤務が確実であること
  • 再就職先が雇用保険の加入条件を満たしていること
  • 過去3年間の間に再就就職手当を受給していないこと
  • 再就職手当の受給前に退職していないこと

上記の基準をしっかりと守っていれば再就職手当の受給が可能になりますし、その際の受給金額も「基本手当日額 × 支給残日数 × 60%または70%」とまとまったお金を受給することが出来るので必ず申請をしておきたいと言えます。

まとめ|自己都合の退職の場合は資金計画が重要

失業保険の待機期間について解説を行いましたが、改めてポイントになる点を振り返ると以下の5点となります。

失業保険の待機期間におけるポイント

  1. 申請者が本当に失業しているか確かめるために7日間の待機が発生する
  2. 待機期間中は収入を得てはならない
  3. 待機期間中に再就職した場合も初出社日が待機期間を過ぎていれば再就職手当が受給できる
  4. 自己都合の退職の場合は、待機期間終了後に3ヶ月の給付制限がある
  5. 会社都合の退職の場合は、待機期間終了後すぐに失業保険が受け取れる

上記を踏まえた上で、待機期間や給付制限期間にどのように生活するのか?予め資金計画を立てておくことが非常に重要になると言えるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。