厚生年金保険料が高いのはなぜ?2万・3万・4万・5万と控除額の理由を解説







昇給した!あれ?でもあまり手取り額は増えていないな…」という経験をした人は多いのではないでしょうか?

よくよく給与明細を見ると想像以上に引かれている「社会保険料」の項目。さらには「厚生年金保険料」が非常に高い。年金が貰えない。と叫ばれる昨今において「なぜこんなにも厚生年金保険料が高いのか?」多くの人は疑問に感じていることだと思います。

そこで今回は、厚生年金保険料が高い理由と給与額別に控除されている金額が妥当なのか解説を行いたいと思います。

厚生年金の保険料が高い理由

厚生年金保険料は現在18.3%となっております。

2004年の13.93%から毎年保険料は引き上げされてきましたが、現在は厚生年金保険料の上限となっていますので国の発表としてはこれ以上の引き上げは無いと言われています。

段階的に厚生年金保険料を引き上げていたのは、ご存知の通り、高齢者の年金制度を支えるためであり若者にしわ寄せが来ていると言えます。

納得が出来ない!」という人も多いと思いますが、年金制度の崩壊が叫ばれるのもこのような背景がある。という訳です。

厚生年金保険料の算出方法

それでは、厚生年金保険料はどのように計算すれば良いのか?という点ですが、「厚生年金保険料の仕組みとは?31等級別の保険料と計算式を解説」にて詳しく解説しているように、計算の基準となるのは「標準報酬月額」になります。

標準報酬月額には、給与だけでなく交通費、残業代、家族手当などを含また金額の4月〜6月の平均額から求めることが可能になり収入に応じて31等級に分かれております。

この標準報酬月額に18.3%を掛けた金額が厚生年金保険料となります。ただし、厚生年金保険料は労使折半となりますので、実際に給与明細で控除されている金額の2倍を支払っていることになります。

厚生年金の保険料が高いのはメリットもある

このように、収入に応じて納付する保険料が増えていく厚生年金保険料は高いだけでデメリットばかり。と考えてしまう人も多いと思いますが、納付額が多いほど受給できる老齢厚生年金の金額は高くなるメリットもあります。

単純な話、「収入が高い人は厚生年金保険料も高く老齢厚生年金は多く貰える」ということです。

また、厚生年金保険料の納付額に左右はされませんが、厚生年金保険に加入していることで「障害厚生年金」や「遺族厚生年金」など万が一の時に年金を受け取れる点もメリットと言えます。

それぞれの解説は関連記事をご参照頂ければと思いますが、厚生年金保険料を納めることは、現在の高齢者を支えるだけでなく窮地の時の助けにもなると覚えておきましょう。

厚生年金保険料の控除額別の収入目安

とは言え、「本当にこんなに厚生年金保険料は高いのか?何かのミスではないか?」と思うほど厚生年金保険料は高額と言えます。

そこで、厚生年金保険料の控除額別に想定される給与をお伝えしたいと思います。

ただし、厚生年金保険料はお伝えしたように「標準報酬月額」が基準となりますので、基本給だけでなく交通費や残業代が込みの金額になっている点に留意してください。

厚生年金保険料の控除額が2万円の場合

厚生年金保険料が毎月2万円控除されている人の月給の目安は21万円〜23万円程度の人が該当していると言えます。標準報酬月額の15等級に該当し会社負担も合わせると4万円の厚生年金保険料を納付しています。

等級標準報酬月額報酬月額の範囲厚生年金保険料自己負担額
15等級¥220,000¥210,000¥230,000¥40,260¥20,130
16等級¥240,000¥230,000¥250,000¥43,920¥21,960
17等級¥260,000¥250,000¥270,000¥47,580¥23,790
18等級¥280,000¥270,000¥290,000¥51,240¥25,620
19等級¥300,000¥290,000¥310,000¥54,900¥27,450
20等級¥320,000¥310,000¥330,000¥58,560¥29,280

厚生年金保険料の控除額が3万円の場合

厚生年金保険料が毎月3万円控除されている人の月給の目安は33万円〜35万円程度の人が該当していると言えます。標準報酬月額の21等級に該当し会社負担も合わせると6.2万円の厚生年金保険料を納付しています。

等級標準報酬月額報酬月額の範囲厚生年金保険料自己負担額
21等級¥340,000¥330,000¥350,000¥62,220¥31,110
22等級¥360,000¥350,000¥370,000¥65,880¥32,940
23等級¥380,000¥370,000¥395,000¥69,540¥34,770
24等級¥410,000¥395,000¥425,000¥75,030¥37,515

厚生年金保険料の控除額が4万円の場合

厚生年金保険料が毎月4万円控除されている人の月給の目安は42.5万円〜45.5万円程度の人が該当していると言えます。標準報酬月額の25等級に該当し会社負担も合わせると8万円の厚生年金保険料を納付しています。

等級標準報酬月額報酬月額の範囲厚生年金保険料自己負担額
25等級¥440,000¥425,000¥455,000¥80,520¥40,260
26等級¥470,000¥455,000¥485,000¥86,010¥43,005
27等級¥500,000¥485,000¥515,000¥91,500¥45,750
28等級¥530,000¥515,000¥545,000¥96,990¥48,495

厚生年金保険料の控除額が5万円の場合

厚生年金保険料が毎月5万円控除されている人の月給の目安は54.5万円〜57.5万円程度の人が該当していると言えます。標準報酬月額の29等級に該当し会社負担も合わせると10.2万円の厚生年金保険料を納付しています。

等級標準報酬月額報酬月額の範囲厚生年金保険料自己負担額
29等級¥560,000¥545,000¥575,000¥102,480¥51,240
30等級¥590,000¥575,000¥605,000¥107,970¥53,985
31等級¥620,000¥605,000 ¥113,460¥56,730

まとめ

厚生年金保険料が高い理由と給与額別の保険料の目安についてお伝えさせて頂きました。

多くの人が厚生年金保険料を高いと感じていることだと思いますが、「障害厚生年金」や「遺族厚生年金」など被保険者に万が一の事が起きた場合に支えてくれる側面もあります。

とは言え、年金支給年齢の引き上げや受給額の減少など手放しでは喜べない実態もありますので、年金事情については今後も注視するようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。