足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」を解説







栃木県宇都宮市に本拠地を置く足利銀行もリバースモーゲージを提供しています。「リバースモーゲージ型住宅ローン」という名称がついている通り、住宅に特化した制度を提供している足利銀行のリバースモーゲージを解説します。

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」の概要

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」は住宅に関連するリバースモーゲージの制度になります。足利銀行の公式サイトより商品詳細を抜粋し確認を行いたいと思います。

利用年齢60歳以上から申し込みが可能
所得条件年金収入程度の年収がある方
担保住宅土地・建物を担保に設定
資金使途
  • 契約者本人が居住する住宅の建築または購入費用
  • サービス付き高齢者住宅の入居一時金
  • 現在お住いの住宅リフォーム費用
  • 子供世帯の住宅購入資金
  • 契約中の住宅ローンの借り換え
融資極度額
  • 住宅の建築、購入資金:100万円以上5000万円以内(1万円単位で融資可能)
  • 入居一時金・リフォーム等資金:100万円以上1500万円以内(1万円単位で融資可能)
融資極度額の見直し資金用途を定めての融資のため見直しなし
金利
  • 住宅の建設・購入・リフォーム・借換:変動金利 年2.50%
  • 入居一時金:変動金利 年3.00%
返済方法契約者が亡くなった時に一括返済
保証人
  • 住宅金融支援機構の特定個人ローン保険に申し込みを行う
  • 契約者以外で融資対象になる物件を所有する方は連帯保証人になる必要がある
事務手数料54000円
その他、条件変更手数料、印紙税、抵当権設定費が発生
対象地域栃木県

住宅関連の用途であれば金利2.50%と低水準

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」は、三菱東京UFJ銀行同様に住宅金融支援機構の保証に加入する商品となりますので、住宅関連の金利は安い設定になっています。

三菱東京UFJ銀行とリバースモーゲージの金利を比較

三菱東京UFJ銀行との金利を比較すると、「住宅の金利が低い足利銀行」と「サービス付き高齢者住宅の入居金の金利が低い三菱東京UFJ銀行」と各金融機関でも商品によって金利が大きく異なる特徴を持ちます。

足利銀行の金利
  • 住宅の建設・購入・リフォーム・借換:変動金利 年2.50%
  • 入居一時金:変動金利 年3.00%
三菱東京UFJの金利
  • 住宅の建築や購入資金・リフォーム資金:2.975%
  • 「サービス付き高齢者向け住宅」などの入居一時金:2.475%

※三菱東京UFJ銀行のリバースモーゲージ提供地域は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県となりますので栃木県でのご利用はできませんので注意が必要です。

大手金融機関とリバースモーゲージの金利を比較

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、そしてリバースモーゲージの提供で大きなシェアを獲得する東京スター銀行の4社に加え足利銀行の金利を比較したいと思います。

銀行名借入金金利年間金利支払額
足利銀行(住宅)5,000,0002.500%125,000
足利銀行(一時金)5,000,0003.000%150,000
三井住友銀行5,000,0002.975%148,750
三菱東京UFJ銀行5,000,0002.975%148,750
みずほ銀行5,000,0002.975%148,750
東京スター銀行5,000,0002.906%145,300

大手金融機関が足並みを揃えて2.975%の金利で提供していますが、足利銀行は2.50%と非常に低水準で貸し出しを行なっていることが分かります。年間の金利差は2.4万円程度になりますので10年間で24万円の金利差が出てくることが分かります。一方で介護施設の入居一時金は3.0%と高めの設定になっていることから用途が住宅関連ではない場合、他の金融機関も検討した方が良いでしょう。しかしながら、大手メガバンクは栃木県を担保対象外にしていますのでその点も注意したいところです。

契約者が亡くなった場合、配偶者は最長3年居住できる

こちらも三菱東京UFJ銀行の措置と同様に契約者が亡くなった場合に、足利銀行の担当者と相談の上最長で3年間継続的に住み続けることが可能です。この3年間の間に住宅を売却し、その売却益で元金の返済を行う必要があります。契約者が亡くなって1年間は葬儀の手配から相続関係の処理等でバタバタしますので、3年間で買い手をじっくりと探せるのは助かります。

連帯保証人が必要になる場合

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」は、契約者以外で融資対象になる物件を所有する方がいる場合は、連帯保証人になる必要があると利用条件に記載があります。これは、リフォームする住宅を妻と共有で所有する場合や子供世帯の住宅購入資金にリバースモーゲージを活用する場合などが適用されるでしょう。そのため、契約者が死亡後に元金の返済を住宅の売却もしくは現金で連帯保証人が返済を行う責務が発生しますので契約時は事前に注意しましょう。

担保住宅を賃貸にすることも可能

サービス付き高齢者住宅に入居する場合など、担保にした住宅に誰も住まない状態が発生します。この場合、最長3年間の定期借家契約で担保に設定した住宅を賃貸にすることが可能です。加えて、親族の方に貸し出しすることもできます。これによって、サービス付き高齢者住宅の毎月発生する月額費用の一部に賃貸住宅の家賃を充てることが可能になります。

担保は戸建のみのため賃貸には物件の状態が重要になる

問題は、担保になる住宅が戸建のみになりますので、なかなか駅近物件などは少ないでしょう。栃木県なので車移動に適している、住宅が新しいなど賃貸側のメリットがないとなかなか借りても見つからない可能性があります。そのため、近い親族など確実に入居が保証されている状態を作れることが望ましいと言えるでしょう。まずは、地元の不動産会社に相談することが最良かもしません。

まとめ

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」について解説を行いました。利用用途としては、お住いの住宅リフォームや子供世帯が新築物件を購入するために現在お住いの住宅を相続させる必要が亡くなったので、子供世帯の住宅資金の援助を行いたい。など住宅に関連する用途であれば金利も低く非常に向いているいると言えるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。