千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」を解説







千葉興行銀行は千葉県に本店を置く地方銀行で「ちば興銀リバースモーゲージ」の愛称でリバースモーゲージの提供を行なっております。公式サイトには提供開始のリリースと簡易な商品ページしかありませんが、詳細はどのような制度になっているのか確認をしたいと思います。リバースモーゲージの制度についてはリバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識をご参照ください。

千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」の概要

それでは千葉興業銀行がどのようなリバースモーゲージを提供しているのか詳細を確認してみましょう。一部不足する情報は千葉興業銀行へ確認を行なっております。

利用年齢申し込み時の年齢が55歳以上満80歳未満の方
所得条件年金などの安定した収入がある方
担保住宅戸建(土地・建物)
資金使途原則自由
融資極度額100万円以上3000万円以下で土地評価額の50%以内
融資極度額の見直し1年に一度担保評価額の見直しあり
金利2.85% 変動金利:短期プライムレート(基準金利)+1.0%
返済方法契約者死亡後に住宅の売却にて一括返済
保証人原則不要。担保物件が配偶者と共有の場合は物上保証人となる
事務手数料融資条件変更手数料5400円、朝日信託との契約手数料
対象地域千葉県、東京都

金利2.85%は非常に魅力

千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」の金利は、短期プライムレート(基準金利)+1.0%で現在2.85%の金利にて提供を行なっております。これは大手メガバンク、地方銀行の中でも非常に低い金利で提供しています。同じ千葉県でリバースモーゲージを提供している千葉銀行は金利が3.35%ですので0.5%も金利が低くなっています。1000万円借り入れした場合は、年間の支払額で5万円の差が生まれます。10年契約すると50万円、20年であれば100万円と0.5%の金利差でも非常に大きな額が変わりますので重要なポイントでしょう。

千葉県をリバースモーゲージの対象とする金融機関の金利を比較

千葉県では10銀行がリバースモーゲージの対象としていますが、「資金使途自由」に絞り、みずほ銀行三井住友銀行千葉銀行東京スター銀行群馬銀行の5銀行を比較してみてもやはり千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」は頭抜けて金利が低いことが分かります。三菱東京UFJ銀行などはサービス付き高齢者住宅の入居一時金のみ金利は2.475%に下げるなどを行なっておりますが、やはり資金使途が自由で2.85%の金利は非常に魅力的に見えます。

リバースモーゲージの金利を比較

銀行名リバースモーゲージの金利
千葉興業銀行2.85%
千葉銀行3.35%
群馬銀行3.48%
東京スター銀行2.906%
三井住友銀行2.975%
みずほ銀行フリー口:3.475%
目的口:2.975%

リバースモーゲージの契約引き継ぎは可能

加えて、契約者の死亡時に配偶者にリバースモーゲージの契約を引き継ぐことも可能になります。引き継ぎを前提にしたい場合は、申し込み時にその旨を担当者に伝えて欲しいとのことでしたので必ず伝えるようにしましょう。金利が低いので長年契約したとしても十分に年金支給額で返済が続けられますので安心してリバースモーゲージを活用できそうです。もちろん金利は変動するものですのでその点はご了承ください。

融資極度額の算出は不動産評価額の50%

融資極度額は土地評価額の50%になるため、2,000万円の不動産資産を有していてもリバースモーゲージで借り入れできる金額は1,000万円になります。そのため、老後資金がいくら不足しているのかしっかりと計画を立てた上で借り入れを行わないと借り入れ後も老後資金が不足してしまうという問題が発生します。老後資金については、老後資金の全て|老後破産を回避するために身に付けたいお金の知識を参照いただくことで詳しい解説を確認できます。

融資極度額は3,000万円と少々低め

融資極度額の上限は3,000万円と少々低めの設定にしています。老後の生活において余程のことがない限りは3,000万円以上の借り入れが必要な世帯も珍しいかもしれませんが、老後資金の準備額が夫婦世帯で1,000万円程度しか準備ができなかった場合は上限である3,000万円の借り入れが必要になるかもしれません。また貯金0円夫婦世帯の場合は、枯渇するリスクが高まりますので、このような場合は別の金融機関も金利は高くなりますが比較した方が良いでしょう。

担保不動産の再評価は年1回

どの金融機関も1年から3年程度の間隔で担保にしている不動産評価額の見直しを行います。千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」も例外ではありません。この際、不動産評価額が下落してしまい借り入れ金が不動産評価額を上回ってしまうとオーバーした金額分を一括で返済が必要になりますので注意が必要です。これはどの金融機関も設定していることになりますので詳しくは、リバースモーゲージのリスクを徹底解説!長寿化・金利上昇・不動価値下落の3大デメリットと対策方法を理解する!を参照頂ければと思います。

ちば興銀リバースモーゲージ取り扱いエリア

千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」は千葉県と東京都でリバースモーゲージの提供を行なっております。ただ、全ての支店で取り扱いがある訳ではありませんので取り扱い店舗をお伝えさせていただきます。

ちば興銀リバースモーゲージ取り扱い店舗

本店営業部千葉支店稲毛支店船橋支店勝田台支店柏支店松戸支店市川支店浦安支店東京支店

まとめ

千葉興行銀行の「ちば興銀リバースモーゲージ」について解説を行いました。やはり一番のメリットは2.85%という金利の低さでしょう。3000万円以内の借り入れを希望する場合は非常にメリットの高い金融機関と言えます。一方、それ以上の借り入れが必要な場合は他の金融機関でリバースモーゲージの比較が必要になるでしょう。このような時はリバースモーゲージの一括比較サイトのAvenueを活用すると簡単に検索ができますので非常におすすめです。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。