中国銀行の「ちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローン」を解説







中国銀行は岡山県に本店を置く地方銀行でJTIと提携し「ちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローン」の展開を行なっております。JTIと提携しているため、現在お住いの住宅を第三者に賃貸しその賃貸収入に対して担保設定がなされます。

そのため、住み替えが必要になるリバースモーゲージであることを予め理解しておきましょう。

リバースモーゲージをまとめて比較するなら「リバースモーゲージ一括比較サイトAvenue」をご活用ください。また、基礎知識を身に付けたい方は、リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識をご参照ください。

中国銀行の「ちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローン」の概要

それでは早速、中国銀行の「ちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローン」の詳細を公式サイトから重要箇所を抜粋しお伝えしたいと思います。また、公式サイトだけでは不足する箇所について直接金融機関へ問い合わせを行い確認をしております。

利用年齢申し込み時の年齢が50歳以上の方
所得条件年金などの安定した収入が見込める方
担保住宅現在お住みの住宅を賃貸した賃料収入に担保を設定
以下の条件に該当する場合は住宅も担保扱いになる

  • 融資期間が10年以上の場合
  • 融資金額が500万円以上の場合
資金使途自由
融資極度額100万円以上5000万円以内
中国銀行が算出した収支(月間元利金返済額≦JTI の月間定額保証賃料 ×90%)
融資極度額の見直し金利及び賃料の見直しが発生する可能性あり
金利1.975%長期プライムレートに連動する変動金利

  • 住宅を担保にしない場合は+0.5%
  • 団体信用生命保険を活用する場合は+0.4%
返済方法元利均等分割返済
保証人共同生活者及び法定相続人1名の保証人が必要
事務手数料融資額×2.16%
対象地域岡山県

返済方法は元利均等分割返済

JTIと提携しているリバースモーゲージの多くは、返済方法に「元利均等分割返済」を採用していることが多いのですが、元利均等分割返済とは、金利と元金を均等に割り毎月返済していく仕組みです。仕組みは、住宅ローンの返済を思い浮かべて頂くと理解が早まります。

異なる点は返済方法にあり、JTIと提携しているリバースモーゲージは、現在お住いの住宅を賃貸しそこで得られる「家賃収入」によって返済を行うこととなります。家賃は空室期間もJTIが保証してくれますので安定した返済が可能になります。

借り入れ額は保証賃料の90%まで

上記の通り、家賃収入から返済を行いますので、家賃保証額以上の返済が発生してしまうと返済が滞る場合も出てきます。そのため、借り入れできる上限金額はJTIの家賃保証額の90%までとなっていますので注意するようにしましょう。

家賃収入以外に住宅も担保設定が必要になる場合

中国銀行のちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローンは、賃貸収入の担保以外にも以下の条件に該当する場合は住宅も担保に設定する必要が出てきます。

住宅を担保にする必要がある場合

  • 融資期間が10年以上の契約を締結する場合
  • 融資金額が500万円を超える場合

金利1.975%がベースと低い金利設定となっている

リバースモーゲージの金利で1%代の設定となっているのは非常に珍しく利用者にとって非常にメリットがあると言えるでしょう。この1.975%はベースの金利となっており、住宅を担保にしない場合(賃料収入のみ)は+0.5%、団体信用生命保険に加入する場合は+0.4%と上乗せになる仕組みです。そのため、組み合わせ次第ではありますが、金利を抑えようとすれば1.975%から契約できるのは非常にメリット言えるでしょう。

広島銀行と金利を比較

同じく岡山県でリバースモーゲージの提供を行なっております広島銀行と金利を比較すると、広島銀行が2.975%から3.475%の金利となっていることから中国銀行の方が低い金利でリバースモーゲージの提供を行なっていることが分かります。一方、広島銀行は住み替えは発生せず資金使途も自由。さらに、マンションも担保に出来ることから双方のメリット・デメリットをよく比較し検討したいところです。

銀行名金利住み替え
中国銀行1.975%あり
広島銀行2.975%から3.475%なし

配偶者への引き継ぎは保証人となることで可能

JTIと提携している中国銀行の「ちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローン」は、借り入れ金を毎月返済しますので、契約者が死亡した場合でも返済義務が残ります。そのため、1名以上の保証人を契約時に設定する必要があることから奥様や子供が借入金を返済し続けることができればリバースモーゲージ自体の契約は継続することが可能です。

また、団体信用生命保険に加入する場合は金利が+0.4%高くはなりますが、契約者死亡時に借入金を相殺することができますので合わせて検討しても良いでしょう。

取り扱い手数料が融資額によっては高額になる可能性あり

1点注意点とすれば取り扱い手数料が融資額に対して2.16%を掛けた金額になります。

そのため、1000万円借り入れする場合は手数料が21.6万円発生するため通常のリバースモーゲージよりも手数料が高いといえます。ただ、物は考えようで少額の借り入れを希望する方からすれば逆に手数料が安くなるため理にかなった仕組みとも考えられます。

まとめ 

中国銀行のちゅうぎん空き家活用型リバースモーゲージローンについて解説を行いました。住み替えが必要なリバースモーゲージになりますが、返済は安定しており金利も低く設定されていることから非常にメリットのある商品といえます。広島銀行など岡山県でも複数の金融機関がリバースモーゲージの提供を行なっておりますのでよく比較検討することをオススメします。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。