群馬銀行のリバースモーゲージ「夢のつづき」を解説







群馬銀行は群馬県に本店を置く地方銀行で「夢のつづき」の愛称でリバースモーゲージの提供を行なっております。積極的に支店の展開を行なっている群馬銀行が提供するリバースモーゲージがどのような制度になっているのか解説を行いたいと思います。

群馬銀行のリバースモーゲージ「夢のつづき」の概要

群馬銀行のリバースモーゲージ「夢のつづき」はいくつか非常にメリットのあるサービスを提供しています。地方銀行の中でもリバースモーゲージに関しては非常に検討価値の高い金融機関ですので公式サイトより重要事項を解説したいと思います。

利用年齢申し込み時の年齢が60歳以上であり融資実行期限は86歳
所得条件年金収入など安定した所得がある方
担保住宅戸建(土地・建物)、マンション
資金使途原則自由
融資極度額100万円以上1億円以内であり不動産評価額の50%以内

  • 戸建の場合:土地評価額
  • マンションの場合:マンション評価額
融資極度額の見直し3年ごとに土地またはマンションの再評価を実施
金利3.475%
返済方法契約者死亡後に一括返済
保証人原則不要
事務手数料43,200円
対象地域群馬県,埼玉県,栃木県,東京都,神奈川県,長野県,千葉県,茨城県

金利3.475は地方銀行の平均値

リバースモーゲージの金利から解説したいと思いますが、一律「3.475%」の金利で貸付を行なっております。この「3.475%」の金利は北都銀行荘内銀行広島銀行西日本シティ銀行など地方銀行が「3.475%」で提供していることから少々高く感じますが平均的な金利と言えるでしょう。一方でリバースモーゲージに非常力を入れている東京スター銀行の金利は「2.906%」と非常に安く大手メガバンク3銀行も用途によって差はありますが「2.975%」で提供をしています。

群馬県をリバースモーゲージの対象にしている金融機関の金利を比較

それでは群馬県をリバースモーゲージのサービス提供範囲としている金融機関で金利の比較を行いたいと思います。対象は、群馬銀行に加え、りそな銀行東和銀行栃木銀行、大光銀行の5銀行を比較したいと思います。

500万円借り入れした場合の金利をシミュレーション

銀行名金利年間金利支払額
群馬銀行3.475%173,750円
東和銀行3.225%161,250円
栃木銀行3.250%162,500円
りそな銀行担保不動産の評価額の60%の場合:2.975%148,750円
担保不動産の評価額の50%超60%以下の場合:3.475%173,750円

金利を比較するとりそな銀行の不動産評価額が60%の場合2.975%と最安値なのですが、資金使途が住宅関連に制限される点がネックです。資金使途が自由な東和銀行、栃木銀行も群馬銀行よりも金利が低いことから金利だけ見ると他行の方がメリットがあるように見えます。ただ、群馬銀行のリバースモーゲージには、この金利差を埋めるメリットがありますのでお伝えしたいと思います。

群馬銀行のリバースモーゲージ4つのメリット

群馬県をリバースモーゲージの対象にする金融機関の中では金利が高い群馬銀行ですが、必ず抑えたい4つのメリットがあります。リバースモーゲージのリスクを徹底解説!長寿化・金利上昇・不動価値下落の3大デメリットと対策方法を理解する!でもお伝えしていますが、リバースモーゲージにはリスクがありますのでその点を緩和できるメリットをしっかりと確認することで自分に合ったリバースモーゲージを選択することが可能になります。

メリット1:契約者死亡後にリバースモーゲージの契約を引き継げる

1つ目のメリットとして、契約者が死亡した際に同居する配偶者にリバースモーゲージの契約を引き継ぐことが可能になります。契約者が死亡後に配偶者が自宅を手放す必要があるリバースモーゲージの場合、その後の住まいで賃料が発生するなど老後破産の原因になってしまうことから、このような制度があると安心して契約することができます。その際、配偶者もリバースモーゲージの審査を通過する必要があることを予めご了承ください。

メリット2:マンションも担保対象になる

2つ目のメリットとしては、マンションも担保になることです。通常のリバースモーゲージは戸建の「土地」に価値があります。そのため、土地が無いマンションを担保対象外にする金融機関が多い中、群馬銀行は担保として認められているのは非常に重宝するでしょう。一方、マンションを担保にする場合は、一定の条件が金融機関ごとに設定されていますので目安として「リバースモーゲージがマンションに適用される条件を解説」をご確認頂きマンションを担保にする場合の基礎知識を身につけましょう。

メリット3:比較的広範囲にリバースモーゲージを提供している

3つ目のメリットは、リバースモーゲージの提供範囲です。公式サイトを確認すると群馬銀行の営業範囲内で大阪府を除くと記載があります。そこで群馬銀行の支店のある県を確認してみましょう。(実際に担保対象となるエリアは群馬銀行に直接お問い合わせください)

群馬銀行のリバースモーゲージ提供エリア

群馬県,埼玉県,栃木県,東京都,神奈川県,長野県,千葉県,茨城県

メリット4:返済額が不足しても返済義務が無くなる

最後に4つ目のメリットですが、これが非常に価値が高いと考えています。契約者が死亡し借入金の返済となった場合に住宅の売却だけでは借入金全額を返済できない場合があります。通常のリバースモーゲージは、相続人が返済する必要が出てくるなどリスクが出てしまいますが、群馬銀行のリバースモーゲージはその差額分の返済が不要になります。そのため相続人に迷惑を掛けないので非常にメリットがあると言えます。

税金に注意

借入金の返済が免除される場合、「債務免除益」として一時所得扱いされ課税されるケースがあります。申告漏れ等無いように事前に相談を行うようにしましょう。

まとめ

群馬銀行のリバースモーゲージ「夢のつづき」について解説を行いました。群馬県内でリバースモーゲージを提供する金融機関と金利を比較すると少々高いことは否めませんが、それ以外のメリットが充実していることから対象エリアにお住いの方は群馬銀行のリバースモーゲージを検討する価値は高いと言えるでしょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。