碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」を解説







碧海信用金庫は愛知県に本店を置く信用金庫でリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」の愛称でサービスを提供しております。愛知県も複数の金融機関がリバースモーゲージの提供を行なっていることから、碧海信用金庫がどのようなリバースモーゲージを提供しているのか解説を行います。

リバースモーゲージの詳しい解説は「リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識」をご覧ください。

碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」の概要

それでは早速、碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」の詳細を公式サイトから重要箇所を抜粋し、お伝えしたいと思います。また、公式サイトだけでは不足する箇所については直接金融機関へ問い合わせを行い確認をしております。

利用年齢申し込み時の年齢が満60歳以上80歳未満の方
所得条件公的年金や給与所得など安定した収入がある方
担保住宅戸建(土地・建物)
資金使途1.契約者本人が居住する新築、中古住宅の購入または建て替え資金
2.契約者本人が居住する住宅のリフォーム資金
3.3年以内の定期借家契約により第三者に賃貸する住宅のリフォーム資金
4.サービス付き高齢者住宅の入居一時金
5.上記に付随する長期火災保険料や取扱手数料
6.住宅ローンの借り換え資金(直近12回分の返済に遅延がないこと)
融資極度額新築・購入・借り換え:5000万円まで
リフォーム、サービス付き高齢者住宅の入居一時金:1500万円まで
※担保評価額の50%までが融資極度額となる
融資極度額の見直し資金使徒が決まっているため見直しは金利のみ
金利2.675%:変動金利
返済方法契約者死亡時に住宅を売却し返済
保証人不要
事務手数料取扱手数料:54000円
対象地域愛知県

碧海信用金庫のリバースモーゲージ金利は2.675%

碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」の金利は2.675%と比較的低い金利の設定となっています。多くの地方銀行のリバースモーゲージ金利は3.0%をを超えておりますので2.675%で提供しているのはメリットと言えるでしょう。(掲載日現在の金利)

それでは、愛知県をリバースモーゲージの対象にしている金融機関と金利の比較を行いたいと思いますが、比較する銀行は、「三井住友銀行」、「北陸銀行」、「東京スター銀行」と「碧海信用金庫」のリバースモーゲージ金利を比較したいと思います。

銀行名資金使徒金利住み替え有無
碧海信用金庫住宅関連2.675%なし
東京スター銀行自由2.906%なし
三井住友銀行自由2.975%なし
北陸銀行自由2.325%あり

金利が最も低い北陸銀行は、現在お住いの住宅を賃貸として貸し出しを行い、そこに入居した方の家賃収入を担保にリバースモーゲージの提供を行なっております。そのためリスクは低いのですが、必ず住み替えが必要になることに留意しましょう。

その点、碧海信用金庫はやや北陸銀行よりも金利は上がってしまいますが、住み替えが必要ないので、住み慣れた自宅を終の住処としたい方には向いているでしょう。

ただし、碧海信用金庫も資金使徒が住宅関連に制限されていることから、住み替えなく資金使徒も制限がないリバースモーゲージをお探しの方は東京スター銀行がおすすめといえます。

配偶者は連帯債務者となることで契約者が死亡後も継続可能

碧海信用金庫の契約終了(返済する時)のタイミングは契約者の死亡もしくは連帯債務者の死亡のどちらか遅い日となっております。従って、配偶者の方が連帯債務者となった場合、契約者の方が先に亡くなった場合でも、配偶者の方が契約を継続することが可能になります。

一方、連帯債務者になるのはリバースモーゲージの条件を満たしていることが必要になりますので、申し込み時に契約者だけでなく配偶者の方も連帯債務者と認められるのか確認を行うべきでしょう。

融資極度額は最大5000万円で担保評価額の50%が上限

碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」は、資金使徒に応じて融資極度額の上限額が異なります。

資金使徒別の融資極度額

  • 新築・購入・借り換え:5000万円まで
  • リフォーム、サービス付き高齢者住宅の入居一時金:1500万円まで

また、担保評価額の50%までしか融資極度額を設定することが出来ませんので、5000万円の借り入れを希望する場合は、担保評価額が1億円必要になってしまいます。

リバースモーゲージの融資極度額は戸建の場合70%までを融資極度額に設定できる金融機関も多いので、多くの老後資金を借り入れしたい場合はデメリットと言えるでしょう。

新規の借り入れは一生涯可能

リバースモーゲージを提供する金融機関の中には80歳後半で新規の借り入れが出来なく銀行もいくつかあります。そのような場合は、規定の年齢になる前にまとめて借り入れするなど選択を迫られてしまうのですが、碧海信用金庫は新規の借り入れでの年齢制限はありません。これは非常にメリットと言えます。

新規の借り入れにおける年齢制限は、金利などに比べると先の話であることからあまり気にせずに契約をしてしまうケースがありますが、新規の借り入れ制限を甘くみては老後破産のリスクが高まりますので注意してください。

要は、上限の年齢以降は貯蓄を切り崩すことになりますので、老後資金が枯渇するリスクが高まります。従って、年齢制限がある金融機関はなるべく避ける方が良いと言えるでしょう。

まとめ

碧海信用金庫のリバースモーゲージ型住宅ローン「セカンドライフ」の解説を行いました。金利面や配偶者への引き継ぎ面などメリットの多いリバースモーゲージとなりますので、愛知県にお住いの方は検討価値が高いと言えます。

懸念点としては、担保評価額の50%までしか借り入れができないことから、お住いの地域によっては想定した金額の借り入れが出来ないというケースも出てくるでしょう。

その点も含めて、愛知県でリバースモーゲージを提供している金融機関を比較し最適な銀行を選ぶようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。