東日本銀行の「リバースモーゲージⅠ型・Ⅱ型」を解説







東日本銀行は東京都に本店を置く第二地方銀行で「リバースモーゲージⅠ型・Ⅱ型」と二つの種類のリバースモーゲージの提供を行なっております。東京都は非常に多くの金融機関がリバースモーゲージの提供を行なっており、東日本銀行も2つの種類のリバースモーゲージを提供しておりますので、それぞれ解説したいと思います。

東日本銀行の「リバースモーゲージⅠ型・Ⅱ型」の概要

それでは、東日本銀行の「リバースモーゲージⅠ型・Ⅱ型」について解説を行います。公式サイトの重要箇所の抜粋に加えて、金利は掲載日現在の金利を金融機関に問い合わせを行い掲載しています。

東日本銀行Ⅰ型Ⅱ型
利用年齢申し込み時の年齢が55歳以上の方申し込み時の年齢が60歳以上75歳以下であり、配偶者がいる場合は配偶者の年齢が55歳以上
所得条件年金などの安定した収入のある方
担保住宅戸建(土地・建物)保証会社が戸建(土地・建物)に担保設定。マンションは保証会社が認めれば可能
資金使途自由
融資極度額500万円以上5000万円以内であり土地評価額の50%以内300万円以上1億円以内であり土地評価額の50%以内
融資極度額の見直し毎年担保評価額の見直しあり
金利3.975% 3.35%〜
返済方法契約者死亡後に一括返済
保証人原則不要
事務手数料事務手数料:54,000円
不動産担保調査手数料:54,000円
不要 
対象地域栃木県, 茨城県, 千葉県, 埼玉県, 東京都, 神奈川県
配偶者への契約継続 可能保証会社承認があれば最長1年まで契約更新可能

東日本銀行のリバースモーゲージⅠ型とⅡ型の違い

東日本銀行のリバースモーゲージⅠ型とⅡ型の違いは、リバースモーゲージの保証会社の違いとなります。Ⅰ型は朝日信託、Ⅱ型はかんそうしんが保証会社となっており、保証内容が異なることから商品内容も違いがありますので順に解説を行いたいと思います。

東日本銀行のリバースモーゲージ金利は3.975%と3.35%

東日本銀行のリバースモーゲージ金利はⅠ型が3.975%、Ⅱ型は3.35%からとなっております。まず、Ⅰ型ですが、これは金利が高すぎる。と言えるでしょう。Ⅱ型に関しては、地方銀行の中では平均並みの金利ですが、3.35%からとなっておりますので、実際はそれ以上になる可能性があります。それでは、東京都でリバースモーゲージを提供してい各金融機関の金利を比較したいと思います。

東京都を対象にする金融機関のリバースモーゲージ金利を比較

東京都をリバースモーゲージの対象とする金融機関から一部を抜粋し比較ししたいと思いますが、リバースモーゲージの大手である東京スター銀行と大手銀行である三井住友銀行みずほ銀行三菱東京UFJ銀行りそな銀行と金利の比較を行いたいと思います。

銀行名金利
東日本銀行Ⅰ型:3.975%
Ⅱ型:3.35%〜
東京スター銀行2.906%
三井住友銀行2.975%
三菱東京UFJ銀行2.975%
みずほ銀行フリー口:3.475%
目的口:2.975%
りそな銀行担保不動産の評価額の60%の場合:2.975%
担保不動産の評価額の50%超60%以下の場合:3.475%

金利を比較すると東京スター銀行が一番低い金利となっております。

一方、東日本銀行Ⅰ型の金利はこの中でも一番高いことから、よほどの理由がない限りは選択肢から外した方が無難と言えます。Ⅱ型については、3.35%で借り入れができればまだ良いのですが、注意点は3.35%「〜」になっている点です。実際の金利は、東日本銀行にて面談を行なった上で提示となるでしょうが、それでも、東京スター銀行の金利の方が低いことから金利面でのメリットは低いと言えます。

配偶者の引き継ぎはⅠ型は可能、Ⅱ型は保証会社次第で最長1年の更新可能

東日本銀行のⅠ型は、契約者が死亡後も配偶者への契約の引継ぎが可能です。もちろんリバースモーゲージの審査を通過した配偶者となります。Ⅱ型については、保証会社の許可が降りた場合は最長で1年間の契約延長が可能です。Ⅱ型は金利が低いのですが、配偶者への引継ぎが1年しかできず、Ⅰ型は引継ぎは出来るものの金利が高い。と双方に決定力が欠ける商品と言えるでしょう。

融資極度額もⅠ型とⅡ型で異なる

リバースモーゲージⅠ型の融資極度額は、500万円から5000万円、Ⅱ型は300万円から1億円となっており、極度額は担保評価額の50%となります。そのため、Ⅰ型もⅡ型も幅広い方が利用できるリバースモーゲージであります。「老後資金の必要額|夫婦二人で5000万円の貯蓄が必要な理由」にて解説を行いましたが、平均的な老後の生活であれば5000万円の貯蓄があれば暮らしていけることから、不足する分、借り入れを行えるようにしましょう。

まとめ

東日本銀行のリバースモーゲージⅠ型とⅡ型について解説を行いました。金利が高く、配偶者の引継ぎができるのがⅠ型のみとなることから、やはり決定力に欠けるリバースモーゲージと言えるでしょう。東京都のおすすめのリバースモーゲージは東京スター銀行になりますが、いくつかの金融機関の窓口で相談をし、よく比較することをおすすめします。

また、リバースモーゲージの基礎知識に関しては「リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識」をご参照ください。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。