神奈川銀行の「かなぎんリバースモーゲージ」を解説







神奈川銀行は神奈川県に本店を置く第二地方銀行で「かなぎんリバースモーゲージ」の愛称でリバースモーゲージの提供を行なっております。神奈川県も東京都に隣接していることから多くの金融機関がリバースモーゲージの提供を行なっておりますので、神奈川銀行のリバースモーゲージがどのような制度か確認を行ないましょう。

神奈川銀行の「かなぎんリバースモーゲージ」の概要

それでは早速、神奈川銀行の「かなぎんリバースモーゲージ」の詳細を公式サイトから重要箇所を抜粋しお伝えしたいと思います。また、公式サイトだけでは不足する箇所について直接金融機関へ問い合わせを行い確認をしております。

利用年齢申し込み時の年齢が60歳以上75歳以下
所得条件年金などの安定した収入が確保できる方
担保住宅戸建(土地・建物)
資金使途自由
融資極度額300万円以上1億円以内
融資極度額の見直し担保評価額の見直しが毎年発生
金利3.50%:短期プライムレート連動長期貸出標準金利+0.6%+保証料0.80%
返済方法契約者死亡後に住宅の売却にて一括返済
保証人不要
事務手数料担保手数料:32,400円
事務手数料:21,600円
対象地域神奈川県

神奈川銀行のリバースモーゲージ金利は3.50%

神奈川銀行のリバースモーゲージの金利は3.50%の変動金利となっております。こちらは掲載日現在の金利となりますので、都度最新情報は神奈川銀行に問い合わせを行うようにお願いします。

また、リバースモーゲージの金利が3.50%の金利は少々高い設定であると言えるでしょう。では、この3.50%という金利はどのくらい金利が高いのか。他の金融機関と比較をしたいと思います。

神奈川県をリバースモーゲージの対象にする金融機関の金利を比較

神奈川県をリバースモーゲージの対象にしている金融機関は12銀行ほどおりますが、その中から神奈川銀行に加え、東日本銀行東京スター銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行りそな銀行の7銀行で金利を比較したいと思います。

銀行名金利資金使徒
神奈川銀行3.50%自由
東日本銀行Ⅰ型:3.975%自由
Ⅱ型:3.35%
東京スター銀行2.906%自由
三井住友銀行2.975%自由
三菱東京UFJ銀行2.975%住宅関連
みずほ銀行フリー口:3.475%自由
目的口:2.975%制限あり
りそな銀行担保不動産の評価額の60%の場合:2.975%住宅関連
担保不動産の評価額の50%超60%以下の場合:3.475%

金利を見比べてみるとやはり大手金融機関の方が低く設定してあることが分ります。

その中でも東京スター銀行の金利は2.906%に加え預金連動型で金利が計算されますので、口座からお金を引き出ししない限りは金利が発生しないという点も魅力です。加えて、資金使途も自由ということなので、金利、資金使途では神奈川銀行よりもおすすめと言えるでしょう。

連帯債務者となることで配偶者への引き継ぎが可能

神奈川銀行のリバースモーゲージは、契約時に配偶者の方も連帯債務者として契約することで、契約者が死亡した後も連帯債務者がリバースモーゲージの契約を継続することが可能です。連帯債務者に配偶者がなることで、返済義務を配偶者も負っていることから契約の継続ができると言えます。

相続人全員の承諾が必要

上記のことから契約者が死亡後に住宅を売却することが相続人には求められますので、全員の承諾が必要になります。この際、どの相続人まで承諾を得る必要があるのかは「リバースモーゲージは推定相続人の承諾をどこまで得る必要があるのか?」をご参照頂きながら、金融機関と相談することをおすすめします。

相続人がいることが条件

神奈川銀行のリバースモーゲージには、特異な点として「申し込み時に相続人がいる方」と明記がされています。通常は単身の方で相続人がいなくても利用できるケースが多いのですが、神奈川銀行の場合は不可となっています。こちらはケースバイケースになるかもしれませんが、相続人がいない場合でも担保物件を競売にかけることが金融機関は債務の回収ができますので要相談となると想定されます。

融資極度額は300万円から最大1億円まで融資可能

神奈川銀行の「かなぎんリバースモーゲージ」の融資極度額は最大で1億円まで借り入れが可能になります。その際、担保評価額に対して50%から70%程度が融資極度額に設定されるケースが多いのが実態です。そのため、担保評価額がそのまま融資極度額にはならないことに注意が必要です。詳しくは「リバースモーゲージの条件と相場|年齢・資金用途・担保対象・融資額を全国45銀行から分析」をご参照ください。

ローンの実行は最大80歳まで

リバースモーゲージの新規借り入れは、80歳までと制限がされていますので、80歳以降は資金の借り入れは出来なくなります。従って、この年齢に達するまで年金を貯蓄しておくことや、逆にリバースモーゲージの契約自体を80歳直前に行ない金利の支払いを減らすなどの対応を行なった方が良いと言えるでしょう。

まとめ

神奈川銀行の「かなぎんリバースモーゲージ」について解説を行ないました。制度自体は通常のリバースモーゲージと呼べる内容ですが、やはり金利が低い東京スター銀行などと比較をしてしまうとその差は明確です。

リバースモーゲージは、不動産が担保として認められるかが重要となり、複数の金融機関に審査をしてもらう方が良いでしょう。そのため、東京スター銀行に加えて、神奈川銀行など複数の金融機関を候補に入れ話を聞くことをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。