もみじ銀行の「リバースモーゲージ型ローン」を解説







もみじ銀行は広島県に本店に置く第二地方銀行で「リバースモーゲージ型ローン」の名称でリバースモーゲージの提供を行なっております。広島県は広島銀行が積極的にリバースモーゲージの提供を行なっておりますが、もみじ銀行はどのような商品設計でリバースモーゲージを提供しているか解説を行います。

もみじ銀行の「リバースモーゲージ型ローン」の概要

それでは早速、もみじ銀行の「リバースモーゲージ型ローン」の詳細を公式サイトから重要箇所を抜粋しお伝えしたいと思います。また、公式サイトだけでは不足する箇所については直接金融機関へ問い合わせを行い確認をしております。

利用年齢申し込み時の年齢が60歳以上80歳以下の方
所得条件年金などの安定した収入が確保できる方
担保住宅戸建(土地、建物)
資金使途
  • 住宅の建築及び購入資金
  • 住宅のリフォーム資金
  • サービス付き高齢者住宅の入居一時金
  • 住宅ローンの借り換え資金
融資極度額100万円以上5000万円以下
※住宅の建設及び購入資金以外は1500万円が上限
融資極度額の見直し資金使徒が決められているため見直しは金利のみ
金利

変動金利でリコース型・ノンリコース型に分かれる

担保評価額に対しての借入率リコース型ノンリコース型
50%2.975%3.075%
60%3.475%3.625%
返済方法契約者死亡後に一括返済
保証人原則不要
事務手数料50,000円 
対象地域広島県

もみじ銀行のリバースモーゲージの金利は2.975%から3.625%

公式サイトには金利情報が掲載されていませんが、もみじ銀行のリバースモーゲージの金利は変動金利で2.975%から3.625%となっております。

金利は掲載日現在となりますので、最終的な金利の確認は面談時に確認を行うようにお願いします。

金利の幅が広いのは、リコース型とノンリコース型で金利が異なるためです。

リコース型とノンリコース型の違いは、返済時に住宅の売却だけでは借入金の返済が出来なかった場合に残債の支払い義務が発生するのがリコース型、発生しないのがノンリコース型となります。これに担保評価に対しての借り入れ率を掛け合わせて金利が決まります。

担保評価額に対しての借入率リコース型ノンリコース型
50%2.975%3.075%
60%3.475%3.625%

さて、地方銀行としては平均並の金利にてリバースモーゲージの金利の提供を行なっているもみじ銀行ですが、広島県をリバースモーゲージの対象としている金融機関と比較するとどのような差があるのか確認してみましょう。

広島県をリバースモーゲージの対象にしている金融機関と金利を比較

広島県をリバースモーゲージの対象にしている金融機関は、もみじ銀行、広島銀行に加え、りそな銀行東京スター銀行もリバースモーゲージの提供を行なっております。それぞれの金融機関の金利を比較してみましょう。

金融機関金利資金使途
もみじ銀行2.975%から3.625%住宅関連
東京スター銀行2.906%自由
広島銀行通常:3.475%住宅関連
地域限定:3.475%自由
りそな銀行担保不動産の評価額の60%の場合:2.975%住宅関連
担保不動産の評価額の50%超60%以下の場合:3.475%

金利と資金使途を考えるとやはり東京スター銀行が頭抜けてメリットが高いと言えるでしょう。広島県に限定すれば広島銀行も魅力的ですが、東京スター銀行には劣ってしまう印象を持ちます。

住宅関連に借り入れ資金は限定されている

もみじ銀行のリバースモーゲージ型ローンは、住宅金融支援機構の住宅融資保険を活用しておりますので、りそな銀行同様に住宅関連に資金使途が制限されています。資金使途がすでに明確な場合は特段問題ありませんが、生活費として利用したいと考えている場合は検討から外れてしまうでしょう。

ただし、老後資金が大きく減ってしまうのは「介護費」になりますので、介護が発生するまでは年金や給与所得で繋ぎ、介護が発生してからリバースモーゲージを検討するなど活用方法があると言えます。

また、住宅ローンが残っている方は借り換えによって毎月の支払額を削減することも可能になりますのでそちらも検討をおすすめします。ただし、もみじ銀行内での借り換えは出来ませんのでご注意ください。

最大5000万円まで融資可能

もみじ銀行のリバースモーゲージの融資極度額は5000万円となり、最小額の借り入れは100万円からとなります。そのため幅広い方が利用が出来ると言えますが、一部用途(住宅のリフォーム、住宅ローンの借り換え、サービス付き高齢者住宅の入居一時金)に関しては上限額が1500万円までとなります。

融資極度額の見直しは発生しないが金利は変動する

融資額は決められた用途に対して必要額分の借り入れとなりますので融資極度額の見直しは発生しません。

一方で金利に関しては変動金利となりますので時勢に応じて変動しますので注意しましょう。上記に掲載している金利も掲載日現在となりますので、リバースモーゲージを検討する際は複数の金融機関の最新の金利情報を入手し比較するようにしましょう。

配偶者は連帯債務者となり契約を継続可能

もみじ銀行のリバースモーゲージ型ローンは、契約時に配偶者の方も連帯債務者に加えることで引き継ぎが可能になります。

配偶者の方がリバースモーゲージの契約基準を満たしている前提にはなりますが、連帯債務者となることで、ご主人(妻)が亡くなった場合も残された配偶者の方が自宅を失うことなく住み続けることが可能になります。

広島県でリバースモーゲージを提供している広島銀行や東京スター銀行も配偶者への引き継ぎが可能なため、やはり、リバースモーゲージを契約する夫婦世帯にとっては重要な問題と言えるでしょう。

初期費用は50,000円+調査費用

契約時の事務手数料は5万円発生します。

そのほかに担保物件の調査費用や印紙代などが発生しますので10万円程度の費用が発生すると想定しておきましょう。

一般的なリバースモーゲージの申し込み手続きは「リバースモーゲージの申し込み手順と費用を解説」をご参照ください。

まとめ

もみじ銀行のリバースモーゲージ型ローンについて解説を行いました。公式サイトでは十分な情報を得ることが出来ませんが、上記の情報参照しながら複数の金融機関を比較することをおすすめします。

とは言え、東京スター銀行と比較するとやや商品設計のメリットが劣るのも事実です。リバースモーゲージは契約後から長い付き合いとなりますので、後悔しない選択を行うためにも十分に検討することをおすすめします。

またリバースモーゲージの基本的な知識を知りたい方はリバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識をご参照頂ければと思います。 









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。