【60歳以上必見】住宅ローン残高はリバースモーゲージで早々に返済すべき!







60歳を超えて住宅ローンが残っている世帯は、早々にリバースモーゲージを活用し住宅ローンを返済することが望ましいでしょう。老後の資金は何かと予測しづらい出来事によって支出が増えてしまいますので、少しでも家計を楽にするために対策を行いましょう。

住宅ローンは老後資金を圧迫する

厚生労働省の家計調査によると、住宅ローンの返済額の平均は月間で92,945円となります。現役時代であれば、家計の圧迫はありつつも支払いはできるかと思いますが、60歳を区切りに所得が低下する傾向があるため、それまでに支払いを終えるように計画を見直す方がよいでしょう。

年収が半分以下になるケースも

59歳までは経営幹部として部長職として活躍しており、年収も800万円〜1000万円近く給与もらっていた方でも、60歳を皮切りに年収が半分以下。300万円〜350万円程度まで急激に落ちてしまうケースが多いのです。当然部長職でもありません。その理由は改正高年齢者雇用安定法が施行され、65歳まで雇用を推進させる動きと関連があります。

改正高年齢者雇用安定法の元、65歳までの雇用延長が推進されていますが、多くは60歳-65歳までの間を「継続雇用制度」として嘱託社員やパートなど正社員ではない雇用形態で再契約を結ぶケースが多いようです。これに伴い、嘱託社員やパート並みに年収が下がるために上記のような問題が発生します。

60歳を超えて住宅ローンを抱えた場合のシミュレーション

 収入:30万円
支出:35万円(住宅ローン:92945円を含む)
損益:▲5万円

会計調査の60歳-69歳平均支出は277,283円ですが、ここに住居費が16,330円含まれています。この16330円を差し引き(277,283円-16,330円+92,945円=353,898円の支出)、住宅ローンの支払い平均額を加える35.3万円程度になります。先ほどの60歳の再雇用を受け、年収350万円をだった場合、毎月5万円程度の赤字が出てしまう計算です。

毎月5万円の赤字は年金支給の5年間で300万円の赤字に膨れる

毎月5万円の赤字も5年間では300万円の赤字まで膨れ上がります。老後資金を確保する上で1円でも多く貯金したい現状ですが、60歳-65歳で300万円の赤字を出しては貯まるところから減り続ける状況になってしまいます。

実際、60歳を超えて住宅ローンの支払いが残るケースがあるのかを考えてみましょう。例えば、住宅ローンを35年で30歳の時に契約した場合、完済する年齢は65歳になります。30歳でマイホームを購入すると聞くと、特別遅い契約でもありませんので、多くの方が60歳を超えても住宅ローンの返済が残るでしょう。

 現在のように平均所得が下がる現代においては、35年よりも短いローンを組むことや繰上げ返済も非常に大変なことでしょう。

リバースモーゲージで早々に住宅ローンを返済すべき

住宅ローンの支払いがどれ程家計を圧迫するのかについてご理解頂けたと思います。このまま、毎月赤字を出し続けてしまうのでは、定年退職後、老後破産の危険性も出てしまいます。そこで、少しでも早く住宅ローンを完済するために「リバースモーゲージ」が非常におすすめです。

リバースモーゲージを活用し住宅ローンを一括返済する

毎月10万円程度の支払いがある住宅ローン残高をリバースモーゲージで一括返済をしてしまいます。リバースモーゲージの支払いは利息のみの支払いになりますので毎月の支払い金額を大幅に減少させることができるでしょう。

住宅ローンが返済されると老後の選択肢が広がる

住宅ローンは先ほど紹介したように毎月92,945円の支払い×60ヶ月(60歳-65歳)=550万円になります。リバースモーゲージに乗り換えた場合、利息は毎月2.5万円×60ヶ月=150万円(仮定)になりますので、400万円程度の支出を削減することができます。

老後の特別支出に備える

リバースモーゲージへの乗り換えで多少の余裕が生まれたら、老後の特別支出に備えるのが良いでしょう。

特別支出とは、車の修繕費や旅行費、固定資産税などの税金、家のリフォーム代、家電の買い替え代などです。支払う回数は少ないものの、一回の支出額が大きいことが特徴です。

引用元:【老後破産】に陥らないために原因と対策を理解する

とあるように、楽しみな旅行から住宅のリフォームなど継続的な支出でないものの、1回あたりの支出が高額になるものを特別支出と言います。この特別支出は、老後資金として300万円-500万円程度の余裕があると安心です
特別支出に備えた貯金を老後の生活が始まってから用意するとなると以外に大変なものです。

住宅の住み替えもリバースモーゲージの方がおすすめ

すでに住宅ローンを完済している場合で、住宅の住み替えを検討している方もリバースモーゲージを活用する方がおすすめです。

そもそも住宅ローンが組めないケースの方が多いでしょう。
この場合は、転居先の物件をリバースモーゲージの担保として設定する形になりますが、自宅介護を含めた住宅に引っ越しを行うなどは選択肢としても魅力的でしょう。

住宅ローンを早期に返済することで老後破産リスクも回避できる

これまで60歳までに住宅ローンを返済する方が良い。とお伝えしてきましたが、65歳を過ぎても住宅ローンが残るケースは「老後破産のリスク」も生じてきます。65歳からは多くの方が年金収入のみになりますので、先ほどのシミュレーションよりもさらに年収は下がり、赤字幅が広がってしまいますので注意が必要です。

早期に住宅ローンを完済しゆとりある老後の生活を

リバースモーゲージは資金使途が柔軟なため、住宅ローンを返済し続けるよりも早期にリバースモーゲージを契約し、老後の生活に備えるのが良いでしょう。その際には、リバースモーゲージのリスクや適用される物件など、事前の情報をインプットしておくようにしましょう。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。