西武信用金庫のリバースモーゲージタイプローン 「スターツ信託型」を解説







西武信用金庫2つ目のリバースモーゲージであるリバースモーゲージタイプローン 「スターツ信託型」について解説を行います。保証会社がスターツ信託になることから商品設計が異なりますがどのような制度なのか解説を行いたいと思います。

リバースモーゲージの制度については「リバースモーゲージとは|1から理解し使いこなすための全知識」をご参照ください。

西武信用金庫のリバースモーゲージ「スターツ信託型」の概要

それでは早速、西武信用金庫のリバースモーゲージタイプローン「スターツ信託型」の詳細を公式サイトから重要箇所を抜粋しお伝えしたいと思います。また、公式サイトだけでは不足する箇所について直接金融機関へ問い合わせを行い確認をしております。

商品タイプ賃貸併用住宅および賃貸物件用自宅・土地用マンション用
利用年齢申し込み時の年齢が55歳以上80歳未満
所得条件年金等の安定した収入がある方
担保住宅賃貸併用住宅または一棟マンションや事業規模の駐車場の土地戸建(土地・建物)マンション
資金使途原則自由老後の生活を安定させるための資金
融資極度額500万円以上5億円以内
※担保評価額の70%が融資極度額
500万円以上1億円以内
※担保評価額の70%が融資極度額
500万円以上1億円以内
※担保評価額の50%が融資極度額
融資極度額の見直し定期的に担保評価額の見直しあり
金利2.475%:所定の利率(変動金利)2.475%:「住宅ローンプライムレート」+1%の変動金利
返済方法契約者死亡後に一括返済
保証人原則不要
事務手数料担保設定事務手数料32400円の他スターツ信託の手数料が別途発生
対象地域東京都、埼玉県

担保対象によって商品設計が異なる

西武信用金庫のリバースモーゲージタイプローン 「スターツ信託型」は「賃貸併用及び賃貸物件用」、「戸建」、「マンション」の3つでそれぞれ商品設計が異なりますので詳細を確認していきましょう。

融資極度額は担保評価額の70%までと50%までに分かれる

融資極度額については、「賃貸併用住宅と戸建の場合」は担保評価額の70%まで融資極度額となり、「マンションの場合」は担保評価額の50%までとなりますので、実際に利用できる金額が異なることに注意が必要です。

また、融資極度額の上限は戸建とマンションは1億円まで借り入れが可能になり、賃貸併用物件は最大5億円まで借り入れが可能となることから借り入れ額は大きく変わるでしょう。

資金使途は生活資金であれば利用可能

賃貸併用、戸建、マンションのどれを担保にしても資金使途は自由に利用が可能です。

一方で、通常のリバースモーゲージは事業や投資目的での用途では契約を行うことができません。「スターツ信託型」でも戸建とマンションを担保にする場合は、生活資金以外の事業や投資用の資金としては利用ができません。

しかしながら、賃貸併用物件の場合は、事業資金も含めて資金使途は「自由」となっております。そのため、駐車場経営者やマンション経営者の方は、物件を担保にしながら次の投資用に資金を借り入れすることができるでしょう。

スターツ信託型のリバースモーゲージ金利は2.475%

前回、「西武信用金庫のリバースモーゲージタイプローン 「生きいきライフ」を解説」でも解説を行いましたが、金利は2.475%と非常に低い金利で貸し出しを行なっております。

これは東京都、埼玉県の金融機関の中でも最安値に近い金利で提供をしておりますので非常にメリットが高いと言えるでしょう。加えて、契約者が亡くなった後も配偶者への引き継ぎが可能になりますので、お亡くなり後も安心してご利用ができます。

リバースモーゲージでは東京スター銀行が順調に契約者数を伸ばしておりますが、合わせて西武信用金庫も検討して良いと言えます。

担保物件が借地権の場合は利用不可

担保物件が借地権の場合はリバースモーゲージの利用ができない点も注意しましょう。

以前、「借地権ではリバースモーゲージが利用できない理由を解説」にて解説を行いましたが、リバースモーゲージの担保では「土地」が非常に重要になります。

建物は経年劣化によって資産価値が著しく低下するものですが、土地は建物に比べると資産価値低下の影響を受けづらいことから多くの金融機関で借地権の場合はリバースモーゲージが利用できないでしょう。

意思表示ができない方もリバースモーゲージの契約は不可

リバースモーゲージの契約時には自分の名前を書くことができるなど意思表示がしっかりとできる方が対象になりますので、認知症などによって意思表示を行うことができない場合は利用ができません。

そのため、名義変更を行い配偶者の方がリバースモーゲージの契約を行うなどは一つの手となりますが、契約を検討している方は健康な間に意思決定した方が良いかもしれません。名義変更は様々な手続きが必要になり手間と費用がかかるでしょう。

まとめ

西武信用金庫のリバースモーゲージタイプローン 「スターツ信託型」について解説を行いました。

金利も安くマンションも担保にできることから検討価値は非常に高いリバースモーゲージと言えるでしょう。ただし、必ずしも審査を通過する訳ではありませんので、住宅ローン同様に複数の金融機関を比較し申し込みを行うようにしましょう。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。