スルガ銀行のシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」を解説







スルガ銀行は静岡県に本店を置く地方銀行でシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」の愛称でリバースモーゲージに近い商品の提供を行なっております。静岡銀行の公式サイトではリバースモーゲージという名称を使っていないことを留意点としてお伝えしつつ、本制度の詳細を解説していきます。

スルガ銀行の「ドリームライフホームローン」の概要

スルガ銀行は住宅を担保にし老後資金の借り入れする点はリバースモーゲージと同様ですが、返済は方法が元利均等返済となりますので、毎月の返済が必要になります。

この点がリバースモーゲージではなくシニア向け住宅ローンと呼ばれる所以ですが、詳細について公式サイトより重要な箇所を抜粋しお伝えさせていただきます。

利用年齢50歳以上であり完済時の年齢が82歳未満であること
所得条件安定した収入または資産を有している方
担保住宅戸建(土地・建物)
資金使途
  • 本人またはその家族が居住するための住宅または用地の購入
  • 住宅の増改築、改修、修繕等の費用
  • 現在、利用中の住宅資金の借り替え
  • その他新築、転居等に伴う諸費用
融資極度額10万円以上1億円以内
融資極度額の見直し用途が制限されているため金利の見直しのみ
金利2.475%から3.475%:変動金利
返済方法元利均等返済
保証人不要
事務手数料取り扱い手数料:108,000円
対象地域静岡県

元利金均等返済なので住宅ローンに近い仕組み

元利金均等返済とは、借入金の元本と金利を均等に分割し毎月返済する仕組みです。そのため住宅ローンと似た返済形式になります。そのため、スルガ銀行ではシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」としています。

そのため、リバースモーゲージというよりは「住宅ローン」と理解した方が良いでしょう。ただ、住宅を担保に老後の必要資金を調達する意味では高齢者の方にとっても非常に重要な選択肢となることからご紹介をさせて頂きます。

金利は2.475%から3.475%

スルガ銀行のシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」の金利は借り入れ額及び頭金によって金利が変動する仕組みになっています。住宅ローンの金利では少々高めですが、リバースモーゲージの金利で比較する場合は相場並みと言える金利設定でしょう。そもそもの制度が異なる商品ですので詳細の確認を進めたいと思います。

資金使途は住宅関連に制限

スルガ銀行のシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」は、シニア向けの住宅ローンのため契約者や家族が居住する住宅の購入や増改築、借り換え、転居費用に制限がされています。

リバースモーゲージで住宅関連に資金使徒を制限している金融機関の場合は「サービス付き高齢者住宅の入居一時金」や「住宅ローンの借り換え」などにも活用できるケースが多いのですが、スルガ銀行の場合はそのような用途では契約することができません。

融資期間は1年以上30年以内

借り入れした資金の返済は期限は1年以上30年以内となっており、かつ返済の年齢は82歳までとなります。そのため最長の返済期限30年の場合は52歳までにシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」の契約が必要になるでしょう。

50代は子育てがひと段落しこれから老後資金を準備する。という方も多い年齢ですのでなるべく早く老後資金の計画を立て住宅関連の支出が大きい項目に対してリバースモーゲージを活用するのか、シニア向け住宅ローンを活用するのか検討することをおすすめします。

融資極度額は10万円以上1億円以内と幅広い方が利用可能

上記の返済期限内であり、住宅の担保価値が一定以上あれば最低10万円から最高で1億円までの借り入れが可能になります。10万円で借り入れするケースも珍しいかもしれませんが、住宅の資産価値に応じて幅広い方が利用できるのは魅力的と言えるでしょう。

契約者死亡後は団体信用生命保険を活用するのが良い

基本的にシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」は住宅ローンと考えるべきですので、契約者が死亡した場合は団体信用生命保険を活用し住宅ローンを返済することが望ましいでしょう。

毎年保険料が発生してしまうので、老後資金の面では痛手ですが、多くの債務を残した状態では配偶者も返済のため住宅を売却するなどの必要性が出てきます。そのため、団体信用生命保険を活用することをおすすめします。

シニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」がおすすめの方

スルガ銀行のシニア向け住宅ローンをおすすめしたい方は、契約者の死亡後も住宅が資産として残したい場合でしょう。そのため、推定相続人がいる方が利用するのに適していると言えます。住み替え用の新居を子供世帯と共同で購入するなど相続させたい住宅の扱いが決まっている方はおすすめと言えます。

相続人がいない場合はリバースモーゲージの方が良い

一方で相続人がいない場合や子供世帯が相続する意思がない場合は、日々の返済も負担になることからリバースモーゲージの方が老後の支出を抑制する面ではおすすめです。

これまで、静岡県はリバースモーゲージを提供している金融機関がりそな銀行以外なかったのですが2017年6月に東京スター銀行と提携した静岡銀行がリバースモーゲージの提供を開始しました。

詳しくは、業界初|リバースモーゲージで静岡銀行と東京スター銀行が提携をご参照ください。

まとめ

スルガ銀行のシニア向け住宅ローン「ドリームライフホームローン」の解説を行いました。リバースモーゲージとは異なる制度ではありますが、老後資金が借り入れできる貴重な制度ですのでぜひ検討を行いましょう。また、リバースモーゲージを検討される方は静岡銀行のリバースモーゲージを検討することをおすすめします。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。