大光銀行の「たいこうリバースモーゲージローン」を解説







大光銀行は新潟県に本店を置く第二地方銀行で「たいこうリバースモーゲージローン」の愛称でリバースモーゲージの提供を行なっております。新潟県は4銀行がリバースモーゲージの提供を行なっておりますが、大光銀行がどのようなリバースモーゲージを提供しているのか解説を行いたいと思います。

大光銀行の「たいこうリバースモーゲージローン」の概要

大光銀行の「たいこうリバースモーゲージローン」は、多くの金融機関と似た商品設計になっています。具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのか公式サイトより重要箇所を抜粋し解説をおこないたいと思います。

利用年齢申し込み時の年齢が満60歳以上75歳以下の方であり配偶者の方が55歳以上である
所得条件年金などの安定した収入が年120万円以上ある方
担保住宅戸建(土地・建物)、マンションの場合は保証会社の「かんそうしん」が認める場合可能
資金使途自由
融資極度額300万円以上1億円以内にて100万円単位で融資可能
融資極度額の見直し年に一度程度の見直しあり
金利3.025%または3,525%:短期プライムレート + 年0.80%(変動金利)
返済方法契約者死亡後に住宅の売却にて一括返済
保証人原則不要
事務手数料不要
対象地域新潟県,群馬県,東京都,埼玉県,神奈川県

大光銀行のリバースモーゲージ金利は3.025%または3.525%

大光銀行のリバースモーゲージは、短期プライムレート+年0.80%の変動金利となり、掲載日現在の金利が3.025または3.525%となります。この金利の違いは大光銀行を年金の受け取り口座にすることで通常の3.525%から0,.5%の金利が引き下げられるという設計になっています。

この金利水準はリバースモーゲージを提供する地方銀行の中では平均並みと言えますが、新潟県をリバースモーゲージの提供エリアとしている金融機関の中では金利水準が高いのか、低いのか比較を行いたいと思います。

新潟県をリバースモーゲージの対象エリアにしている金融機関の金利を比較

それでは、新潟県をリバースモーゲージの対象エリアにしている、大光銀行に加え、りそな銀行第四銀行北陸銀行にてリバースモーゲージの金利を比較したいと思います。

銀行名金利資金使徒
大光銀行3.025%または3.525% 自由
第四銀行3.225%自由
北陸銀行2.325%自由
りそな銀行担保不動産の評価額の60%の場合:2.975%住宅関連に限定
担保不動産の評価額の50%超60%以下の場合:3.475%

金利だけを見ると北陸銀行が2.325%と全国的に見ても非常に低金利でリバースモーゲージの提供を行なっておりますのでメリットが高いと想定されます。

北陸銀行は富山県に本店を構えており新潟県の方からするとあまり馴染みのない銀行かもしれません。

リバースモーゲージは契約終了まで生涯を通じて契約することとなりますので、その点で大光銀行の方が馴染みがある。という方は、金利以外の箇所も比較することをおすすめします。

連帯債務者となった配偶者は契約の引き継ぎが可能

配偶者が連帯債務者となることで、借入金の返済責任が契約者だけでなく配偶者にも適用されます。

従って、契約者が死亡した場合も返済責任が連帯債務者に移行することとなりますので、実質契約を継続することが出来ると言えるでしょう。

一方で、配偶者が連帯債務者と認められるには、リバースモーゲージの契約条件をクリアしていることが必要になりますので、申し込み時に審査を行うようにしましょう。

繰り上げ返済で債務を減らすことも可能

連帯債務者として配偶者が継続して返済責任を負う場合に、少しでも債務を減らした状態で契約を引き継ぎしたいと考える方もいるでしょう。

その際は、借入金の返済を任意で行うことができますので、老後資金にゆとりがある場合は先に返済を進めることも可能です。

また、債務を全額返済した場合はリバースモーゲージの契約を解消することもできますので、生活環境が代わった場合や相続人が自宅を相続したい場合など上手く活用することをおすすめします。

融資極度額は最大1億円だが資金の借り入れは80歳まで

大光銀行の「たいこうリバースモーゲージローン」の融資極度額は300万円から最大1億円まで借り入れすることが可能になります。従って、担保評価額に応じて幅広い方がリバースモーゲージを活用できる反面、新規の借り入れは80歳までと制限があります。

80歳以降は、新規借り入れが出来ず金利のみ支払い続けることとなりますので、できる限り80歳間近でリバースモーゲージを契約し、金利の支払い額を抑える工夫ができると良いでしょう。

そのため、まずは年金収入や仕事を行う期間を長くするなど、少しでもリバースモーゲージ以外での収入源を確保しながら、出来る限りリバースモーゲージの利用を遅らせるようにしましょう。そして、まとまった老後資金が必要になる介護の時が訪れたらリバースモーゲージを契約するなどライフプランの設計が重要になります。

担保不動産は保証会社が認めることでマンションも可能

大光銀行のリバースモーゲージローンは、「かんそうしん」という保証会社を活用しています。

「かんそうしん」は利用者の保証会社ではなく、金融機関の保証を行う会社となり、万が一債務者から金融機関が債務の回収が出来ない場合などに保証を行なってくれるのです。

そのため、利用者も保証会社の審査をうける必要があります。その際、保証会社にマンションが担保価値として認められることでリバースモーゲージの契約も可能になります。

どのようなマンションが審査を通るのかは立地や築年数などによって変わることから、参考に「リバースモーゲージがマンションに適用される条件を解説」をご参照頂ければと思います。

大光銀行のリバースモーゲージの提供エリア

大光銀行のリバースモーゲージローンは、大光銀行の営業区域内の路線価があるところが対象になりますので、支店がある都道府県が対象になると想定できます。詳細は大光銀行にお問い合わせをお願いします。

さて、大光銀行の支店がある県は、「新潟県」、「群馬県」、「東京都」、「埼玉県」、「神奈川県」の5件となります。主に首都圏が中心になります。

首都圏の方は、リバースモーゲージを提供する金融機関も多く、マンションを担保をすることはもちろん、金利が低い金融機関があるなどよく比較することをおすすめします。

リバースモーゲージの比較については「リバースモーゲージの一括比較サイトAvenue」をご活用ください。

まとめ

大光銀行の「たいこうリバースモーゲージローン」の解説を行いました。

金利や詳細の制度を含めて、一般的なリバースモーゲージとも呼べますが、長年大光銀行をご活用されてきた方などはおすすめかもしれません。

一方で、首都圏にお住いの方はリバースモーゲージの老舗でもある東京スター銀行など魅力的なリバースモーゲージも数多くありますのでよく比較検討するようにしましょう。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。