栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」を解説







栃木県宇都宮市に本拠地を置く第二地方銀行である栃木銀行もリバースモーゲージを提供しており、「とちぎんリバースモーゲージローン」の愛称で商品化しています。この栃木銀行のリバースモーゲージはどのような制度なのか解説をしていきたいと思います。

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」の概要

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」は、栃木銀行に本拠地を置く金融機関では一番早く導入が始まりました。栃木銀行の公式リリースから商品内容を一部抜粋しご紹介したいと思います。

利用年齢申し込み時の年齢が60歳以上であり75歳以下の高齢者の方で配偶者がいる場合は55歳以上
所得条件年金程度の収入が継続的に見込める方
担保住宅住宅(土地・建物)・一部マンションも可能
資金使途自由(事業用資金や投資用は除く)
融資極度額300万円以上1億円以下で100万円単位で融資可能(融資は80歳まで)
融資極度額の見直し1年ごとに契約更新があるため見直しが発生する可能性あり
金利変動金利:3.25%
返済方法契約者死亡後に相続人よる一括返済(住宅の売却もしくは現金返済)
保証人推定相続人の承諾が必要。株式会社かんそうしんを保証会社として活用
事務手数料54,000円
対象地域栃木県,東京都,埼玉県,群馬県,茨城県

※対象地域は栃木銀行の支店を掲載しておりますので、対象エリアの判断は金融機関に直接問い合わせをお願いします。

資金使途は自由だが金利が3.25%と高い設定

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」の金利は3.25%と金利設定が高くなっています。同じく栃木県でリバースモーゲージを提供している足利銀行と比較してしみましょう。

栃木銀行
  • 資金使途自由:3.25%
足利銀行
  • 住宅の建設・購入・リフォーム・借換:変動金利 年2.50%
  • 入居一時金:変動金利 年3.00%

住宅関連の用途でリバースモーゲージを活用する場合、足利銀行よりも栃木銀行の方が0.75%金利が高くなっています。年利0.75%は少ないようで期間が長引けば大きな支出になります。

栃木銀行のリバースモーゲージの金利を比較

それではどのくらい金利支払いが異なるのか計算をしてみましょう。今回は、栃木県でリバースモーゲージを提供する足利銀行と比較をしたいと思います。足利銀行のリバースモーゲージ型住宅ローンの詳しい解説は以下の記事を参考してください。

足利銀行の「リバースモーゲージ型住宅ローン」を解説

2017.07.04
銀行名借入金金利年間金利支払額
栃木銀行5,000,0003.250%162,500
足利銀行(住宅関連)5,000,0002.500%125,000
足利銀行(入居一時金)5,000,0003.000%150,000

住宅関連での借り入れの場合は、1年間での金利支払い金額が37,500円増えてしまう計算です。10年間では37万円程度多く支出することになりますので住宅関連やサービス付き高齢者住宅の入居一時金での活用を希望するなど資金使途が明確の場合は、足利銀行の方が良いかもしれません。一方で資金使途が自由であることは、生活費、旅行、子供の結婚資金など様々な用途に活用できますので老後のゆとり資金が希望の場合は、栃木銀行を活用できるでしょう。

契約者死亡後は最長1年間の契約が継続可能

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」は、契約者死亡後に担保住宅での返済は最長で1年間の猶予があります。この場合、栃木銀行と保証会社が承諾する場合という条件がありますが、契約者死亡後のバタバタした状況の中でリバースモーゲージの返済手続きを行うのは大変なことでしょう。そのため、契約者が死亡した場合は、落ち着くタイミングまで返済猶予をもらえるよう金融機関に猶予をもらえると良いでしょう。

推定相続人の承諾が必要だが保証人は不要

契約者死亡後に住宅を売却し返済を行う必要がありますので、推定相続人全員の承諾が必要になります。一方で保証会社とも契約をしますので保証人は不要になっています。ただし、住宅が配偶者との共有名義の場合は、配偶者が連帯債務者となりますので夫婦で借入金の返済を行うということをご理解ください。

推定相続とリバースモーゲージ

推定相続人についてどこまでの承諾が必要なのか、法定相続人と違いなど詳しい解説はこちらの記事をご参照ください。

リバースモーゲージは推定相続人の承諾をどこまで得る必要があるのか?

2017.05.21

担保住宅は保証会社が認めればマンションも可能

リバースモーゲージの担保は基本的に住宅になり「土地と建物」がセットになっていることが前提です。その点、栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」は、保証会社の承諾がある前提になりますがマンションも認められるケースがあります。基本的には築年数、立地など不動産評価額が高い物件に限定されるでしょうが事前の相談を行うことは非常に価値があるといえます。

リバースモーゲージの担保にマンションを設定する条件

リバースモーゲージの担保にマンションを設定する場合、各金融機関により審査の条件は異なりますが、一般的にどのような点を重視しているのかまとめましたのでご確認ください。

リバースモーゲージがマンションに適用される条件を解説

2017.03.14

リバースモーゲージの提供エリア

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」は、栃木銀行の営業範囲内と記載があります。栃木銀行の営業範囲を支店のいある県とした場合に対象になる地域を確認してみましょう。

栃木県,東京都,埼玉県,群馬県,茨城県

栃木県だけでなく最近は埼玉県も支店を積極的に開設していますので首都圏の方は選択肢が増えでしょう。一方でのこの記載のエリアはあくまで支店をベースにしていますので、実際に融資対象の地域になるかは栃木銀行へ直接お問い合わせをお願いします。また、対象地域でありながらも物件の状態によっては担保対象にならない可能性があることも事前に理解しましょう。

まとめ

栃木銀行の「とちぎんリバースモーゲージローン」の制度詳細を解説しました。金利が高いことから資金使途が明確な方はあまりおすすめはできませんが、一方で柔軟に老後のゆとり資金を借り入れしたい方には、場合によってはマンションも担保対象になりますのでメリットは高いでしょう。資金使途も自由なので老後の趣味学習費用などよりゆたかな生活を送るために活用したいですね。









ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。