生活保護よりも先にリバースモーゲージが優先される!?その理由と国の制度を解説







生活保護の受給を相談すると、先に「リバースモーゲージ」を考えてください。と言われるケースがあります。これはどのような理由からなのでしょうか?またその場合は、国が提供しているリバースモーゲージとはどのような制度なのかを解説していきたいと思います。

持ち家がある場合はリバースモーゲージをおすすめされる

生活保護の受給相談で先にリバースモーゲージの検討を優先される理由は、「持ち家」を保有しているためです。生活保護の基本概念として国民の最低限の生活を保障する。ことにあり、持ち家は生活保護の観点では余剰な資産であると考えられるケースがあります。

そのため、先にリバースモーゲージを活用し、融資金額の上限に達してから生活保護の受給ができるようになっています。

国が提供するリバースモーゲージの種類

国が提供するリバースモーゲージは低所得者(下流老人などと呼ばれる)など生活が苦しい高齢者向けに提供される「不動産担保型生活資金」と生活保護レベルの要保護高齢者向けに提供される「要保護世帯向け不動産担保型生活資金」の2つの種類があります。

この2つのリバースモーゲージについて融資条件を確認してみましょう。

国が提供する不動産担保型生活資金の貸付条件

厚生労働省の生活福祉金貸付条件等一覧を基準に各都道府県の社会福祉協議会がリバースモーゲージの貸付条件を設定していますので詳しい情報は最寄りの社会福祉協議会に連絡することが良いでしょう。ここでは基本的な貸付条件を記載いたします。

 不動産担保型生活資金要保護世帯向け不動産担保型生活資金
貸付対象要件原則65歳以上の世帯で、配偶者と親(配偶者の親を含む)以外の同居人がいないこと原則65歳以上の高齢世帯(同居人可能)
借入申込者の世帯が市県民税非課税か均等割課税程度の低所得者世帯借入申込者がこの制度を利用しなければ、生活保護の受給を要すると福祉事務所が認めた場合
当該不動産が借入申込者の単独所有、又は同居の配偶者との共有であること(共有の場合、配偶者は連帯借受人となる)当該不動産が借入申込者の単独所有、又は同居の配偶者との共有であること(共有の場合、配偶者の連帯借受人となる)
建物のみの所有や集合住宅(マンション)は対象外集合住宅(マンション)は対象、建物のみの所有は対象外
貸付条件土地の評価額の70%程度土地及び建物の評価額の70%程度(集合住宅の場合は50%)
月30万円以内生活扶助額の1.5倍以内
貸付期間は借受人の死亡時までの期間又は貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間。
措置期間契約終了後3月以内
償還期限据置期間終了時
貸付利子年3%、又は長期プライムレートのいずれか低い利率
保証人要 ※推定相続人の中から選任不要

「要保護世帯向け不動産担保型生活資金」活用する場合は、“借入申込者がこの制度を利用しなければ、生活保護の受給を要すると福祉事務所が認めた場合”と記載があるように老後の生活が非常に困窮している場合に貸付が行われるリバースモーゲージです。

債務者死亡後に住宅は相続できるのか?

残された配偶者のために担保物権を相続したい場合は、相続人が借入金を現金などで一括返済することで相続可能となります。一時的に生活に困窮しリバースモーゲージを受けた場合でも、環境変化などで返済可能な状態になれば自宅を再度所有することが出来ます。

金融機関が提供するリバースモーゲージも検討できるのか?

答えは条件に合致すれば可能ということです。生活保護を検討する方が対象と考えた場合に、一番重要な条件は「安定収入がある方」という貸付条件になるでしょう。これは年金収入でもリバースモーゲージの条件としては満たしていると判断されるのが一般的です。そのため、条件に該当する場合は、金融機関のリバースモーゲージを比較することがおすすめです。

国のリバースモーゲージQ&A

国が提供するリバースモーゲージの一般的な疑問や質問対し簡単な回答を用意しました。あくまで社会福祉協議会によりリバースモーゲージの制度は異なりますのでご注意ください。

Q.子供と同居している場合は、国のリバースモーゲージ(不動産担保型生活資金や要保護世帯向け不動産担保型生活資金)の活用はできるか?

A.国のリバースモーゲージは生活困窮者を対象にした制度となりますので、同居人は申込者の配偶者または、配偶者の親に限定されています。そのため子供が同居する場合は貸付対象外になります。

Q.建物は所有しているが、土地は借地の場合はリバースモーゲージの対象になるか?

A.出来ないケースが多いでしょう。建物は築年数に応じて資産価値が下がってしまいますが、土地の場合は市況の環境により変動はありますが、経年劣化はしないため土地がない場合は資産価値として認められないケースが多いでしょう。

Q.私(申込者)は65歳を超えているが、配偶者が65歳を超えていない場合はリバースモーゲージの申し込みはできるか?

A.非常に難しいケースですが原則としては申し込みができないケースが多いでしょう。しかしながら、配偶者の年齢が60歳を超えており、やむ得ない事情がある場合などは対象になる場合がありますので、まずは、社会福祉協議会に相談することが望ましいでしょう。

Q現在住んでいない物件(土地や建物)を担保にすることはできるか?

A.できない場合が多いでしょう。基本的には「居住用」であることが前提条件であり、居住用と別の住居があるということは、それだけ資産を保有していると判断され対象外になる場合が多いようです。

Q.マンションは対象になるか?

A.貸付一覧表でも記載している通り、「不動産担保型生活資金」は住宅のみしか対象になりません。一方で「要保護世帯向け不動産担保型生活資金」の場合は住宅(土地・建物)とマンションが対象になります。この場合のリバースモーゲージの融資額は不動産評価額の50%になりますので注意が必要です。

Q.リバースモーゲージの融資金で住宅ローンの返済を行なうことは可能か?

A.評価する社会福祉協議会の判断(実際の不動産評価は専門家が行います。)により変動することが前提となりますが、住宅ローン残高や住宅の状態により貸付可能かの判断が下されます。そのため最寄りの社会福祉協議会にリバースモーゲージについて相談することが望ましいでしょう。

まとめ

持ち家があり、老後の生活に悩みを抱えている場合は、生活保護を検討する前に、リバースモーゲージを検討しましょう。老後資金をリバースモーゲージで確保することで喫緊の手元資金の充実が計れます。









全国320の法律事務所を徹底比較

ABOUTこの記事をかいた人

老後資金の教科書

老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。